モンゴルの錦織圭を育成中。

RSS

安達 夏美
(宮城県)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
テニス
派遣国
アジア
モンゴル ウランバートル市
一言メッセージ
モンゴルでテニス?・・・草原でテニスするの?いえ!モンゴルには山々に囲まれたテニスコートが結構あるんです。モンゴルのテニス事情、たくさん配信していきたいと思います。

 

テニス大会 in Ulaanbaatar!

2018.07.05

人 活動

みなさんこんにちは!

先日、ウランバートル市ジュニアテニス大会が開催されました。

8歳以下、10歳以下、12歳以下、13歳以上の部に約35名の子供たちが出場しました。

わたしのテニス教室からは8名が出場。

結果から言いますと・・

8歳以下男子2位

10歳以下男子3位

10歳以下女子2位

12歳以下男子2位に入賞しました!

おめでとう!!!

わたしが赴任したばかりの1年半前は、入賞する生徒は一人でした。

その頃を思い返すと、日々の練習の成果が少しずつ結果として出てきていると感じます。

日々の練習でも、生徒たちの学ぶ姿勢や技術の向上の変化にやりがいを感じていますが、

やはり大会で勝利を掴んだ生徒を見ると感動は別格です。

生徒たちの勝利は、自分自身の自信にも繋がりました。

さて大会の方はというと、運営方法がまだまだ確立されていません。

当日申し込みを行い、程よく参加者が集まったところで組み合わせを決めます。

この「程よく」が問題です。

9時開始の試合に対し、9時30分頃まで出場する子供たちを待ちます。

「程よく」集まった頃に組み合わせを始めますが、組み合わせを行なった後に子供たちが会場に来た場合、再度組み合わせをやり直すのです。

試合は一向に始まりません。。

これでは、試合運行がスムーズではない上、子供たちの時間を守るという意識が養われません。

残りの任期、試合運行の見直しも活動課題の一つにしていきたいと思います。

さてさて

モンゴルは夏が始まりました。わたしにとっての最後のモンゴルの夏、思いっきり楽しみたいと思います。