Thank you ケニア♪

RSS

芦川 咲
(静岡県)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
保健師
派遣国
アフリカ
ケニア  シアヤカウンティ アレゴウソンガサブカウンティ
一言メッセージ
小さくて穏やかな街シアヤで保健師隊員として活動中。 保健事務所での仕事や現地の暮らしをお届けします!

 

お肉屋さんの衛生指導

2017.09.07

活動

水曜日の午前中、外に歩いていく仲良しの女性職員を発見しました。

声をかけてどこに行くのか尋ねると「ブッチャリーよ!」と笑顔。

Butcharyブッチャリーとはお肉屋さんのことです。

仕事中に夕食のお買い物にでも行くのかな~と思いながらついて行き、到着したのはこちら。

お店には誰もいませんが・・・

病院のそばに最近できたこちらのブッチャリーが、衛生的に良くないとの情報を得たため指導に来たとのこと。

しっかりとしたお仕事でした、ごめんなさい。

日本人からすると、こんな小屋がお肉屋さんなの!?と思いますが、ケニアの地方ではこれが一般的です。

こちらはビーフのブッチャリーで、お肉が吊るされていたり、大きな包丁でぶつ切りにした内臓などがたくさん売られています。お値段は500gで160円ほど。

私もたまに食べることがありますが、中に硬い骨が飛び散っていたり少し臭みがあって、調理に苦労します。

しっかり焼いているので、今のところお腹は壊していません。

店主がバイクで帰ってきました。

「砂ぼこりが入るのを防ぐために、窓ガラスをつけましょう!」

「このまな板は、木を切っただけの物ですね?しっかりとしたキレイなまな板を買ってください。」

「このお店は道路に面していて車の排気ガスがかかるので、お肉はお店の奥の方に吊るしましょうね!」

「建物に何も書かれていません。ブッチャリーと壁に書くことはできますか?」

などの指導をしました。

「わかったよ~」と笑いながら言う店主。

「食べ物を売る人は、買う人の健康を考えないといけないわ!」と少し怒り気味な女性職員。

うんうん、その通りだよ!!と言いながら一緒にオフィスに戻りました。