世界一暑い国の空から…

RSS

遠藤 浩之
茨城県

タイプ/職種
青年海外協力隊
青少年活動
派遣国
アフリカ
ジブチ共和国 ジブチ市
一言メッセージ
茨城県の中学校英語科教諭。現職教員特別参加制度を利用して,世界一暑い国ジブチで活動中。地域開発センター(CDC)で青少年にスポーツ及び文化活動の場や機会を提供しています。

 

45.ジブチ×オタク×クイズ大会

2019.05.05

活動

こんにちは。最近旅行三昧の遠藤浩之です。

ヨルダンへの任国外旅行からジブチに帰ってくると,日本語教室の生徒たちが準備を進めていたオタクのイベントに招待されました。

以前行った日本文化交流会の2回目は私の休暇のせいで延期になってしまいました。

しかし,どうしてもオタク同士で集まってイベントをやりたいという彼らが,私がいなくてもオタクイベントの準備を進めていました。

自主性が育ってうれしいことです。

今回行われたオタクイベントについて紹介していきます。

30名強の日本マンガオタクのジブチ人が集まり様々な企画が行われました。

クイズ大会

一枚目の写真をご覧ください。

様々なマンガキャラクターの顔の一部がつなぎ合わされています。

それぞれ何のキャラクターで誰なのか分かりますか?

このようなクイズがいくつか出題されました。

5・6人のグループ対抗で点数を競い合いました。

腕にはそれぞれ別の色のリボンを巻いて,グループを識別できるようにしてあります。

伝言ゲーム

つづいて,マンガのキャラクターをジェスチャーのみで伝えていく伝言ゲームです。

グループのメンバーが一列に並び,司会者からお題を出され,列の最後尾の人が前の人に伝えていきます。

東京グール,ハイキュー,デスノート,ドラゴンボールなどなど,

ジブチ人の表現力が面白かったです。

カラオケ大会

グループの中から一人を選出し,自分で好きなマンガのオープニングテーマなどを選び審査員の前で熱唱します。

歌い終えると4人の審査員が小黒板に10点満点で点数を提示し,各グループの得点になります。

語学学習に歌はやっぱりいいですね。

ジブチ人の歌声。

歌っているときの日本語の発音はとても上手でした。

さて,こんな感じで最後に各グループの得点を発表。

残念ながら,私のグループは最下位となってしまいました。

マニアック過ぎて私は太刀打ちできませんでした。

最高得点のグループには粗品(日本のグッズ)がプレゼンとされました。

ときどき収集がつかなくなることもあり,てんやわんやなイベントでしたが,実行委員の皆さんの活躍に拍手を送りたいと思います。

しかし,これほどまでに日本のマンガがここジブチでも人気なのは驚きです。

日本のマンガ文化の広がりのすごさを感じます。

そして好きなものにはとことん頑張れるというのは,人間誰しも同じなのだなと思いました。

うまく活動に生かしていきたいと思います。