パプア・タイムズ

RSS

藤井 貴志
(兵庫県)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
理学療法士
派遣国
大洋州
パプアニューギニア イーストニューブリテン州ココポ市
一言メッセージ
全てが想像してた斜め上を行くパプア。そこで出会った嬉しい、悲しい、感動した出来事を素直に受け止め紹介していきます!

 

パプア・タイムズ スタート!!

2017.01.16

人 文化 活動 生活

はじめまして!これからみなさんにパプアニューギニアにある文化や習慣、日常の出来事などたくさんのことをお届けさせていただく

藤井貴志です!よろしくお願いします!

【パプアニューギニア!?】

みなさんもしかすると名前は少し聞いたことがあるとは思います。

でも本当に名前だけで実際にどんな国なのか、はたまたどこにあるのかわからない人が多いのではないでしょうか?

まず今日はそんなパプアをサクッと紹介をしたいと思います。

【パプアニューギニアってどこにあるの?】

パプアニューギニアはオーストラリア大陸のすぐ北に位置していて、西側にインドネシア、東にパプアニューギニアが占めるニューギニア島にあります。グリーンランドに次いで世界で2番目に大きい島国で面積は日本の1.25倍だそうです。

ちなみに日本は7番目に大きい島国だそうです!

私の住んでいる場所は首都のポートモレスビーから北東に飛行機で1時間30分のところにある東ニューブリテン州の州都ココポという町です。

綺麗な海と山があって陽気な人達が多いとても素敵な街です。

ココポの隣にはラバウルという町があり、この町は昔戦争の激戦地となった場所でも有名で防空壕や野戦病院、戦闘機などが今も残っています。1994年にラバウル火山の大噴火に伴い今のココポが州都に移されたようです。
ラバウルについては今後また詳しくお伝えしていきます!

「言葉ってどんなの?」

パプアニューギニアの公用語はピジン語といって英語を崩したような言葉です。

例えば「you」→「yu」、「come」→「kam」など、なんとなくスペルも似ていて、また文法も英語ほど複雑ではないので比較的親しみやすい言語だと思います。

しかしパプアの言葉は実はこれだけではありません。パプアニューギニアの大きな特徴は800以上の部族が存在し、言葉もそれぞれの部族ごとに存在してるとのことです。

部族の言葉を覚えて挨拶なんかすると現地の方は

「ヒ――――ッ‼タカシ―――ッ‼‼」

っといった感じで最高潮に喜んでくれたりします。

パプアに旅行に来たら積極的に部族の言葉を学んだりすると現地の方のサービスも増量するかもしれません!

【パプアの人の印象は?】

派遣前にパプアニューギニアのことを調べると犯罪は日本の20倍と多く、とても危険な国としてあげられていました。

最初は大変なとこに派遣されてしまうと思っていました。しかし!いざ派遣されるとほとんどの方が陽気で明るく優しい気持ちを持った人が多い印象です。

もちろん油断していると盗難などの犯罪に遭うケースも少なくありません。

そんなパプアですが現地の方の親切に助けられながら今は楽しく生活しています。

今回はパプアニューギニアのことをサクッと紹介させてもらいました。

私の残り1年と半年で「世界最後の楽園」といわれているパプアニューギニアで出会う人や、楽しい出来事、悲しい出来事、笑った出来事すべてを余すことなくお伝えしていけたらと思います。その中で少しでもパプアに興味を持ってもらえれば嬉しく思います!

それではルッキムユー・ゲン!(またね!)