ラテンなおじいちゃんおばあちゃん

RSS

羽白 ミク
(千葉県)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
高齢者介護
派遣国
中南米
ドミニカ共和国、エルマナスミラバル県サルセド市
一言メッセージ
音楽が聞こえると踊り出すそんな愉快で陽気な人たちが暮らすカリブ海の島国、ドミニカ共和国で高齢者介護の仕事で活動しています。

 

国際高齢者デー

2018.10.27

活動

10月1日は1990年に国連総会によって設けられた国際高齢者デーです。

日本では敬老の日があるのであまり馴染みが無いかもしれませんが、社会に対する高齢者の貢献についての認識拡大と、人口高齢化への注目を喚起することを目的として世界中の団体やコミュニティが様々なイベントを開催しています。

私の配属先でも10月1日から1週間、様々なイベントやお話会を行いました。

お医者さんを呼んで、高齢者の健康の為の食事・栄養についての話をしてもらったり

毎週行っているリハビリ体操でもみんなでダンスを踊ったりゲームをしたり、

回想法(昔懐かしい写真や音楽、昔使っていた馴染み深い家庭用品などを見たり、触れたりしながら昔の経験や思い出を語り合う心理療法の一種)を用いたおしゃべりなど

毎日イベントが盛りだくさんでした!

週の終わりの金曜日には、レストランから食事を運んでもらってビュッフェスタイルでお昼ご飯を楽しみました!

また、お医者さん達が診察に来てくれて、血圧チェック、心電図、問診などを行ってくれたり、

パフォーマーが来て、やっぱりみんなでゲームや踊りでバトルをしながら勝者には景品があったりと

利用者のおじいちゃん、おばあちゃん、そしてスタッフ達も笑顔でイベント期間の1週間が過ぎていきました。

このように時期によりイベントも様々あります。

日本の介護施設でも季節イベントなどありましたが、

施設スタッフだけでなく学校やお医者さんなど他機関や地域の方もみんなが関わって盛り上がっているな〜と

日本との違いも改めて感じることができました。

次回は私も日本食イベントを企画したのでその時の様子を紹介できたらと思います。

Hasta Luego!(またね!)