人類みなアミーゴダイアリー in BRASIL

RSS

廣瀬 拓哉
(大阪府)

ボランティア/職種
日系社会青年ボランティア
野球
派遣国
中南米
ブラジル サンパウロ州 インダイアツーバ市
一言メッセージ
人が温かい大阪から,これまた人情に厚いブラジルへ! 『将来に活きるTEAMをつくる』をモットーに,野球の指導を通し,国と国・人と人が繋がる活動を目指します。

 

夢を乗せて日本へ!! さわやかNo,12

2018.05.16

文化 活動

2018.04.08

ブラジル代表選考会

11歳〜12歳のカテゴリーの代表選考会が,日本でも有名な球団を持っている企業,“YAKULT”が持つブラジルの球場で行われました。

私のチームからは4人が選考会に挑戦。

この選考会を通過した,18人は7月にメキシコで行われる南米大会へ。

15人は東京・江戸川区で行われる少年野球世界大会に出場する権利が与えられます。

私はこの選考会の補佐として参加し,ノックを打ったり,バッティングピッチャーをしたり。

休憩時間,子どもたちと話をすると,

“日本に行ってみたい!”“日本で野球がしたい!”“日本で美味しいお寿司が食べたい!”と目を輝かせて話してくれました。

私も,ここにいる子どもたちが日本に行っていろんな経験をしてほしい。

地球の裏には,こんなにも違う世界が広がっているんだというのを肌で感じてほしい。

日本のイメージを自分の経験で語れるようになってほしい

なぜなら,私も同じことをこのブラジルで経験させてもらってるから。

テレビやニュースでイメージは固まってしまってるけれど,実際に足をその国に踏み入れ,現地の人と触れ合うことで,価値観はガラッと変わります。

そうした経験をたくさんしてほしい。

子どもだからこそ,感じるものはたくさんあると思います。

この歳から世界を見ることができる機会があることが素晴らしい。

どうかみんなの夢が叶いますように!!!!