Malo!~常夏の楽園サモア日記~ (池下隊員は帰国しました。)

RSS

池下 昌弘
(奈良県)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
小学校教育
派遣国
大洋州
サモア イバ
一言メッセージ
南太平洋に浮かぶ小さな常夏の島サモアの小学校で活動しています。学校での活動に様子だけでなく、サモアの文化や人々の様子等をこのブログを通じて伝えていきたいと思います。

 

新年度スタート!

2016.02.09

活動

遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。私は現職参加なので3月に帰国します。残り僅かではありますが、最後までどうぞ宜しくお願い致します。

サモアの学校の新年度が始まりました。7週間の休み明け、登校日を勘違いしているのか半分近くの子どもたちが来ないまま過ぎた1週目。子どもたちが来ないのでクラスの人数も確定せず担任の先生も決まらず…。授業は2週目から始まりました。残りの活動期間が6週間しかないので、授業を受け持つかどうか迷いましたが、最後まで子どもたちや先生方と授業を通して関わりたいと思い、昨年同様5年生から8年生の理科を週2時間ずつ担当することにしました。

今年に入って、子どもたちや先生に「いつ帰るの?」「あと何週間?」と頻繁に聞かれるようになり、改めて帰国が近づいているのを感じました。帰国はもちろん楽しみではありますが、それ以上にサモア、特に活動先を離れることは寂しいです。なのでここにいられる時間を大切にしようと思い、子どもたちや先生方、村の人との関わりをこれまで以上に積極的にもつようにしています。夕方涼しくなってから村を散歩して、見慣れた風景を写真に撮ってみたり。

あと子どもたちだけでなく、子どもたちと一緒に写真を撮るようにしたり。この写真は新入生の1年生の男の子たちと。写真が大好きな子どもたちは、カメラを向けるといつでも満面の笑みを見せてくれます。

6週間の活動の3分の1も終わってしまいました。残りの日々、一日一日を大切にサモアの人々と過ごしていけたらなと思います。