ゆったり、笑顔で、オブリガード!(今泉隊員は帰国しました。)

RSS

今泉 友秀
(兵庫県)

ボランティア/職種
日系社会シニア・ボランティア
野球
派遣国
中南米
ブラジル サンパウロ州サンパウロ市
一言メッセージ
高校の世界史教師がサッカーの国で野球と奮闘しています。活動の様子はもちろん、日本人のイメージと異なるブラジルや、「へぇ~そうなんだ」ということを面白おかしく伝えていきます。

 

大晦日!ブラジル初マラソン!もう、走れましぇーん。

2018.01.15

生活

サンパウロで93回目を迎える伝統的な大晦日マラソン「São silvestre」に参加しました。ブラジル人の友人カルロスに手伝ってもらいエントリーし、チャレンジ15キロです。日本でフルマラソンも走ったことはありますが、トレーニングをしていないので、4キロくらいで「やめようかな?」と。しかし、30,000人ほどのエントリーで、みんな頑張っているし、日頃は危険で歩くこともできない道路を走るので、写真を撮りながら楽しみました。

走りながら、「サンパウロってこんな街なんだな~ここに1年半ほどいて、もう帰るんだな」と思うと、感慨深いものがありました。街中ですが、もともと森林地帯だったので、大きな木が多いことに気付きました。それは、影が多いんですね、意外と。快適に走れました。また、レースの終盤で、JICAボランティアの後輩たちがいて、彼女たちの激励で一気に元気になり、最後までいけました。本当にありがとう!

最後の一本道がずっと上りで最大の難関!しかも、参道にはたくさんのギャラリーが。言っていることに耳を傾けると、やはり日本と同じでした。「止まるな、走れる、行け!」と。きっとブラジル人も「がんばってきてん、今まで。走りたいけどしんどいねん」と言いたい人もいるでしょうね。走ってみて、自分の街・サンパウロって感じましたね。走りながら、みんな元気でしたね。あ、とりあえず、2時間ほどで完走でき、メダル貰いました。いいお土産になりました。