イッペーの花咲く頃(伊牟田隊員は帰国しました。)

RSS

伊牟田 浩子
(神奈川県)

ボランティア/職種
日系社会シニア・ボランティア
高齢者介護
派遣国
中南米
ブラジル サンパウロ州スザノ市
一言メッセージ
日本から一番遠い国、南米ブラジルにはもう一つの日本がありました。古き良き日本文化を今も伝承するブラジル日系社会での活動や暮らしをお伝えします。

 

アイルトン セナ

2017.12.22

人 文化

1994年5月1日F1サンマリノGP イタリア・イモラサーキットのレースで亡くなり、国葬となったアイルトン セナが眠っているのがサンパウロ モルンビ墓地です。
緑豊かなモルンビ住宅地に隣接し、霊園入口受付を通り、少し歩くと正面に円形になった芝生と1本の大きなイッペーの木が生えている場所があり、そこにセナの墓標がありました。

墓碑には「NADA PODE ME SEPARAR DO AMOR DE DEUS = 神の愛からわたしを引き離すことはできない」と記されています。

セナのお姉さんヴィヴィアネセナは弟の夢だった「ブラジルの将来を担う子どもたちを、社会で役に立つようにしたい」との遺志を継ぎ、子供の教育支援を行う財団(Instituto Ayrton Senna)を運営しています。サンパウロ州政府は、サンパウロ市内からグアルーリョス国際空港を経てリオデジャネイロ方面へ伸びる道路、かつて「トラバリャドーレス」と呼ばれた州道70号線を、「アイルトン・セナ高速道路」 (Rodovia Ayrton Senna) に名称変更し、故人となった英雄を記念しています。