サーイドゲッタン(幸せたくさん)を目指して(加藤隊員は帰国しました)

RSS

加藤 奏太
愛知県

タイプ/職種
青年海外協力隊
小学校教育
派遣国
中東・欧州
エジプト ギザ県
一言メッセージ
世界中のどこだろうが、子どもに対する大人があるべき姿勢は変わらないはず。『きっと幸せは ほんのわずかな愛を見逃さないこと』心に熱さと余裕を持って、頑張ります。

 

人の温かさにふれて

2019.01.31

生活

エジプトには、

道端に座って、

もとい、ただただ座っている人が多い。

それも、長い時間。

へたすりゃ一日中。

それでもなんだか、

幸せそうなもんだから、

自分の中の、

価値観が大いにぶれる。

そんなことも、外国で暮らす魅力だと思う。

今は学校が冬休み中。

いつもと同じように通る道もあれば、

しばらく疎遠になる道もある。

ある学校に行くときに通る道に、

いつも座っている女の人がいる。

いつの頃からか。

挨拶をするようになり、

笑顔を交わし、

手を振るようになった。

ほんの少しだけ。

週に何回かの、

ほんとに軽く、だけどね。

今日久しぶりに、その道を通った。

軽く、挨拶を交わすだけだったその人は、

自分を見たとたん、ぱっと笑顔になって、

大きく大きく、手を振ってくれた。

驚いたことは、

自分もまったく同じことをしてしまったこと。

そんな自分も含めて、

なんだか、とっても嬉しかったな。