サーイドゲッタン(幸せたくさん)を目指して

RSS

加藤 奏太
(愛知県)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
小学校教育
派遣国
中東・欧州
エジプト ギザ県
一言メッセージ
世界中のどこだろうが、子どもに対する大人があるべき姿勢は変わらないはず。『きっと幸せは ほんのわずかな愛を見逃さないこと』心に熱さと余裕を持って、頑張ります。

 

「心の暖かさ」からできた場所

2018.08.10

生活

ある休みの日。

他の隊員の紹介で、

その隊員の同僚が関係する

とある施設へ。

この施設は、

老人ホームのようでもあり、

薬物更生のための施設でもあるようだ。

少なからず、

薬物がこの国にもある。

その毒牙に、

落ちてしまう人もいるのだ。

正しい知識と

確かな判断力。

きっと必要だ。

よりよく生きるために。

そして大切なのは、

この施設のように、

間違いの過去を受け入れる場所があるということ。

「どうして、この施設を運営しているのか」

この施設のオーナーの息子が話してくれました。

「ただ、助けたいからだ。」

問題は山積みだけど、

その気持ちが解決の第1歩。

より優しい国になりますように。