まるタイ日記

RSS

丸山 栞
(東京都)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
日本語教育
派遣国
アジア
タイ トラン県 ムアントラン郡
一言メッセージ
縁あって2度目のタイ。1度目のときに住んでいた東北部とも比較しながら、南部の暮らし、タイのあれこれをレポートしていきます。

 

先生の日

2017.06.15

文化

先生に感謝するタイの学校行事。この式典では、生徒が教師の前にひれ伏して、手づくりの飾りを手渡します。この飾りは、仏教の儀式でよく使われる脚つきのお盆を美しく装飾したもので、ふつうは、お花やビーズなどでシンプルに飾りつけます(写真1)。

しかし、そこは手先の器用なタイ人。生徒たちの遊び心がうずいて、個性豊かな作品がそろいます。たとえば、学校のシンボルであるダイヤモンド(写真2)、富士山(写真3)、細胞核の断面図(写真4)、すき焼き鍋(写真5)、理数科目の教科書(写真6)など。アレンジの方向性は、さまざまです。

式典がおわってから、日本語クラスの生徒も、小さな白いお花を一輪くれました。お花の名前は?と聞くと、菊とのこと。仏花のイメージがあるため、「日本では、亡くなった人に供えるお花だよ」と伝えると、生徒は焦った様子で「ちがう、ちがう」と否定していました。もちろん、タイの文化ではまったく問題ありませんので、ありがたく受け取り、教室に飾りました。生徒が先生に感謝を示すこの日、わたしも生徒たちに「ありがとう」と言いたいなぁと思いました。