コンポントムびじょん

RSS

舛屋 彩子
秋田県

タイプ/職種
青年海外協力隊
観光
派遣国
アジア
カンボジア コンポントム州コンポントム
一言メッセージ
カンボジア第三の世界遺産「サンボープレイクック遺跡」を擁するコンポントム州の魅力が少しでも皆様に伝わりますように。

 

#17 指差し会話帳を作ってみました〜

2019.08.09

活動

コンポントムからこんにちは!

お伝えしたい昆虫の話はまだまだあるのですが、

たまにはコオロギではないお話も。

秋田県公式サイト「外国人旅行者おもてなしマニュアル」及び「指差しツール」

外国人観光客とのコミュニケーションサポートツール、

"指差し会話シート"。

前職では良く目にしていたものなですが、

私自身は使用したことはありませんでした。

実際、活用されているのか・・・?

ということにすら疑義を抱いておりましたが・・・(ごめんなさい)

指差しツールからアイディアを貰う時がやってきました。

写真に写っている女性は、いつも仲良くしてもらっているバスチケット売り場の女性。

ご飯に呼んでもらったり、結婚式に招待してくれたりといつも気遣ってくれます。

とある日、彼女の仕事場で雑談をしていると、

一人の英国人男性がチケットを買いにやってきました。

彼女は英語が得意ではないからと、その場でやり取りをお手伝いしその場は解決。

そのあと、彼女が一言。

「英語ができないから、いつも他の人にお客さんが連れていかれてしまうんだ。

 トゥクトゥクやモータータクシーのドライバーが来てお客さんと話しては、

 違うチケット売り場にお客さんを連れていく。彼らには売り場からコミッションが入る仕組みなんだ。云々」と。

コンポントムでは、観光関連従事者でも英語が通じないところがあります。

そのため、以前から指差しツールのアイディアは描いていたのですが

必要性や実用性についてはハテナマークが消えずにいました。

(使っている人を見たことがなかったので・・・)

しかし今回、運良く場に居合わせることができ

両者で必要性を実感。

日本で配布されている指差しツールをアレンジし作成。

先日、やっと渡しに行くことができました。

彼女の抱えていた嘆き悩みが少しでも減りますように・・・!

帰り際、友人と電話していると

「アヤコの電話番号は日本に帰っても使えるの?」と彼女。

カンボジアのSIMカードを入れているので、

こちらで使用している電話番号はカンボジアだけのもの。

そう答えると、

「アヤコが日本に帰っても連絡取れるように、

 これを機にフェイスブックのアカウント作るよ!」

と嬉しい一言。

残り5ヶ月弱、

「日本に帰っても遊びに来てね〜〜」などなどと

頻繁に言われる時期に差し掛かってきました。