Mori先生のLet's go! ヤップ島!(森隊員は帰国しました。)

RSS

森 洋貴
(大阪府)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
体育
派遣国
大洋州
ミクロネシア連邦 ヤップ州ヤップ島
一言メッセージ
太陽の暑さと人の温かさが自慢のヤップ島。国際大会の準備、陸上競技の指導、小学校での体育授業などをしています。ヤップから東京五輪へ!

 

ハツラツ!夏休み!

2018.06.15

活動

さあ夏休み!

ここヤップでは小学校から短期大学までのあらゆる学校が現在長期休暇中です。

一年中暑いなので「夏休み」と呼ぶのも変ですが…

その夏休みは6月上旬から8月下旬までというのが一般的。

「その長い夏休みに子どもたちにスポーツの機会を与えたい。」

そんな気持ちで青少年センターと私の職場の職員で卓球教室を行っています。

私は卓球の専門家ではありませんが、お手伝いとしてお邪魔しています。

来てくれたみんなには島唯一の喫茶店が出前してくれる特製弁当をプレゼント!!!

冒頭の写真は、楽しいお弁当タイムのひととき…爽やかな笑顔でこちらもうれしくなります。

これまでも何度か卓球の話題に触れてきました。

今、技術の向上というよりも人間関係作りという点でこの教室の意義を感じています。

今回の教室で印象的なのは、学校が異なって普段関わらない子ども同士が打ち解けている事。

恥ずかしがり屋が多いヤップにおいて、この様子には少し意外な印象を受けました。休憩中でも新しい友達と練習を続けたり、はしゃぎ合ったりと友達の輪が広がっていく様子がはっきりとわかります。

こうした繋がりを大切にしてほしいと思います。

今回の練習会は送迎付き!

VIP待遇!?のようですが、ここヤップでは交通機関が極めて少なく、遠い村の子どもたちは会場の体育館に来ることが難しいのです。

この日はピックアップトラックに乗ってみんなでワイワイ言いながら帰っていきました。

遠足さながらの楽しいひととき。

学校訪問もほぼ終わってしまった私にとって、子どもたちと関わる貴重な時間となっています。

今週いっぱいこの教室は続きます。

はつらつとした子どもたちの様子に刺激を受け、ヤップ島での時間を大切にしたいと思いました。