みんなあのねのセネガル便り(西村隊員は帰国しました。)

RSS

西村 綾介
(神奈川県)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
青少年活動
派遣国
アフリカ
セネガル サンルイ州サンルイ市
一言メッセージ
ボクでなきゃ!キミでなきゃ!たわむことのできるしなやかな軸をもって、子どもたちの笑顔のために力を合わせて頑張ります。

 

みんなあのね、「私の好きだった景色を」

2017.12.04

その他 帰国後発信

セネガルから帰って来てたのは6月末。

気が付けば駅まで年賀状が売られ、

お店ではクリスマスソングが流れる冬が来ている。

みんなあのね、と話しかけるように、

みなさんにお伝えしてきたセネガル便りも

もうすぐ終わりを迎えようと思う。

その前に、私がセネガルで好きだった景色を。

❅❅❅❅❅❅❅

1枚目の写真は、

ゲンダール地区の女性と子どもの家から見る景色だ。

砂浜にはカラフルな舟が並び、

朝や夕方、漁から帰ってくるときの姿はかっこよかった。

女性も子どもも舟の帰りを待ち、

砂浜に戻ってきた舟のもとへ走り寄っていく姿が好きだった。

そして、見渡す限りの広い海。大海原。

日の沈むときの空の移り変わりも美しく、

季節の移ろいを感じていた。

子どもたちの笑い声が響く景色が好きだった。

いっしょに散歩したり遊んだり工作したり、

いつも笑い声が響いていた。

活動のない日も町を歩けばたくさんの子どもがいて、

屈託のない笑顔を見せてくれた。

のんびりしたときの流れる

セネガル人家族の風景が好きだった。

お母さんが調理したり、子どもがいたずらをしたり、

お父さんが家畜のえさの準備をしたり。

吹き抜ける風と日差し、おしゃべりのリズムが心地よかった。

私の大好きなセネガルの景色。