みんなあのねのセネガル便り(西村隊員は帰国しました。)

RSS

西村 綾介
(神奈川県)

タイプ/職種
青年海外協力隊
青少年活動
派遣国
アフリカ
セネガル サンルイ州サンルイ市
一言メッセージ
ボクでなきゃ!キミでなきゃ!たわむことのできるしなやかな軸をもって、子どもたちの笑顔のために力を合わせて頑張ります。

 

みんなあのね、「サイサイ」

2016.11.18

その他 人

なんだか調子の悪い一週間。

小さなことが積み重なっての疲れなのか。

普段なら聞き流せることも聞き流せず、

イライラしたり悲しくなったり、

全てが癪に障るというと大げさかもしれないけれど、

とにかく「なんだかなぁ」という一週間。

日本にいるときは、でかけたり、買い物したり

友人と食事へ行ったり、お風呂にゆっくりと入ったり、

気分転換をする方法がいろいろとあるけれど、

任国ではなかなかリフレッシュできないことも多い。

子どもたちの態度や発言にも一喜一憂、

お疲れモード全開で11月も中盤になった。

今日は誰にも会わずに帰りたいと思っても、

必ず知り合いがいるのが任地サンルイ。

帰りたいという日に限って保護者に会うし、

道端でタリベたちに会わない日はない。

セネガルでは挨拶がとても大事にされている。

右手で握手をし、元気か、体調はどうか、家族は元気か、

シゴトはどうか、ご近所さんは元気か、穏やかに暮らしているか、

などと相手の様子を尋ねたり気配ったりする。

5分、10分かけての挨拶は驚くことではない。

急いで帰りたいけれど知り合いに会った時には

立ち止まってしっかりと挨拶。

今日は卒園児とその保護者に会って、

いっしょに写真を撮っているうちに、

気持ちが和らいでくるから不思議である。

それでも、ちょっとしたことで

また「なんだかなぁ」とため息交じり。

私が疲れたときに行くのは、セネガル人の家族のところだ。

以前こちらでも紹介させていただいた。

(以前の記事→http://world-diary.jica.go.jp/nishimura/person/post_3.php

お母さんの作るご飯はとにかくおいしい。

味付けも濃すぎないところがありがたい。

疲れたときに行くと言ったけれど週3日以上はご飯を食べに行っている。

お世話になりっぱなしの家族だ。

私が活動で感じたことや困ったことを話すと、

「それはセネガルの文化だわ」と教えてくれたり、

「それは文化ではなくその人の性格ね」と教えてくれたり、

「セネガル人はお調子者が多いからね」と、

どうしたらよいか困る答えが返ってきたりする。

そして「うちで休んでいきなさい」と

甘くて熱々のアタヤ(セネガルで多くの人に飲まれている紅茶)を

出してくれるのだ。

現地語のウォロフ語でお調子者のことをサイサイという。

プラール語ではカラバンテ。

セネガルにはお母さんの言うようにサイサイが多い。

それはさておき、

お母さんのおいしいご飯を食べて週末はしっかりと休息をとり、

来週からまた頑張っていこうと思う。