「カクラ、カクラ、ちょっとずつ。」

RSS

野口 はるな
(神奈川県)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
学校保健
派遣国
アフリカ
ガーナ セントラル州 エクムフィ郡
一言メッセージ
カクラ、カクラ=現地語でちょっとずつ。この出会い、この瞬間を大切にしながら。日々のGhana Lifeや活動のあれこれ、「保健だより」をガーナよりお届けします!

 

ついつい食べたくなる、アイスのはなし。

2017.12.08

Mema hom aha (ミマホマーハ)!

現地語で「みなさん、こんにちは」。

今回は、とけてしまいそうなくらい暑いガーナの気候で

ついつい食べたくなる、わたしの大好物をご紹介します。

ガーナでアイスといえばコレ!

というくらいポピュラーなのが、

この”ファン アイス”です。

「今日は、わたしがんばったなー」という日や、

暑い中での長距離移動など。

そんな時はとくに、誘惑にまけて買ってしまいます。

最高で、一日に3個食べてしまいました。

私の地域では、市場やバスのステーションにいくと買えますし、

大きな街では、路上のいたるところに売り子さんがいます。

移動中の車内からでも

「ヨーゴーツ!」( ※定番の味「yoghourt」のこと。ガーナ流の発音は独特‼)

と叫べば、売り子さんがダッシュで駆けつけてくれます。

シャリシャリした氷系のアイスで、

かんかん照りの日や、 密着した移動中の車内など、

もうヘトヘトだーというときに食べると

ほんとうに生き返った気持ちになります。

味は、チョコレートミルク、ストロベリーヨーグルト、ミルク、シトラス(各1セディ≒30円くらい)があります。

そしてちょっぴり高級なマンゴー&パッション(1.5セディ≒45円くらい)があります。

ガーナ人にこよなく愛される、国民的アイスです。