Alofa 常夏の島サモア日和

RSS

野沢 有加
(栃木県)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
小学校教育
派遣国
大洋州
サモア ファレウラ村
一言メッセージ
水と緑と、太陽が輝く国『サモア』で子どもたちと元気いっぱい、毎日ワクワクする暮らし

 

【文化紹介】〜貸したものは返ってこない〜

2018.10.22

文化

『ペンを貸して』と声をかけられてなんと答えますか? ① 返してねと必ず言ってから貸す。 ② 持ってないと嘘をついて貸さない。 ③ 貸せないとやんわり断る。 上の回答は、私が日頃用いているサモア人からものを貸してと言われたときの返答です。 前々回のブログの記事で述べたように、サモアにはシェアの文化が色濃く存在しています。 それもあってか、貸したものが返ってこない確率が非常ーーに高い! 必ず返してとか、取りに行かないとものが返ってこないことも??! 身近なもので言うと、ペンや消しゴムなどの文房具。食べ物をおすそ分けしたときの食器。貸した調理器具や本など、そんなものまで?!というものまで。

ここサモアでは、基本的に貸したものは返ってこないものだと思ったほうが良いでしょう。 ものの貸し借りのやりとりが日々日常的に行われるサモア。私も頻繁に○○持ってない?と聞かれ、 日本人の私は日本から持ってきたサモアでは買えないものや、気に入った日本製のものも。 それらはもっているけれど 返さないなら貸せない!!! とは、はっきり言いづらく。

そんなときは初めに出した3つの答え方のうち、 ②の持ってないと予め貸さないという手をうって、「貸したものが返ってこない」「サモアじゃ手にもう入らない」と自ら嘆くことのないようにしています。 ですが、近頃は②の「持ってない」と返答し過ぎて、ウソでしょうと怪しまれてる!! これからも続くであろうサモア人とのシェア生活はどうなるのでやら。