ベトうし日記(大藤隊員は帰国しました。)

RSS

大藤 壮輔
宮城県

タイプ/職種
青年海外協力隊
獣医・衛生
派遣国
アジア
ベトナム ホーチミン市クチ郡
一言メッセージ
ベトナムの片田舎で牛専門の獣医師として活動しています。活動のことはもちろん、ベトナムの文化や風習、人柄や日々の生活を紹介していきたいと思います。 ***追記*** 平成30年10月に任期満了により帰国しました。 帰国後も少し書かせてもらうと思います。

 

帰国後⑤

2019.05.21

帰国後

 先月、後任の隊員が渡越しました。都市部での語学訓練を終え、そろそろ任地に赴任したころでしょうか。彼が協力隊に応募した時、私はまだ任期中でした。たまたま共通の友人がおり、連絡を取り合うようになって、帰国後にはお会いして活動の引き継をすることもできました。

 ベトナムの同僚達に彼の話をするととても喜んでくれ、「新しい獣医師はいつ来るんだ?」と彼の着任を心待ちにしてくれているようでした。

 協力隊の任期は二年間、限られた時間で計画を立て貢献することが大切です。一代限りで終わる案件もありますが、二代、三代と続くことでより深く派遣国の人たちに貢献できる場合もあります。私は私なりに二年間頑張ったつもりですが、それでもやれることをやりつくしたとは言えません。なので今回、殆ど空白期間がなく後任の隊員が決まったことは僥倖でした。

 後任隊員も派遣されたことですし、この日記もそろそろ卒業しようと思います。更新頻度があまり高くなかったにもかかわらず、友達や家族だけではなく、初めましての方からも読んでるよーと言ってもらえて、とても嬉しかったです。お読みいただいていたみなさん、心から感謝です。ありがとうございました。そして、この日記を通してベトナムや協力隊のことに興味を持ってくれた人が少しでもいたのなら、嬉しい限りです。

 私はといえば、帰国して早半年。三年ぶりの冬とその後の春を迎え、日本の四季の移り変わりを改めて良いものだなぁと感じる毎日を過ごしております。

 でもしばらくしたらベトナムでの日々が恋しくなるのかなぁ。今年中には後任の隊員を訪ねて、そして任地の元同僚たちに会いに、ベトナムに遊びに行きたいなー。

 それではみなさん、また会う日まで、ごきげんよう^^