幸せについて教えてくれるスリランカ暮らし

RSS

岡澤 めぐみ
(京都府)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
高齢者介護
派遣国
アジア
スリランカ 西部州 カルタラ県
一言メッセージ
スリランカで体操のお姉さんをしながら、高齢者の方々に健康指導をしています。「幸せな老後とは」活動を通して、自分自身も改めて考えさせられています。

 

満月の日

2018.07.06

文化 生活

あーゆーぼーわん!

スリランカでは毎月、満月の日はポヤデーと呼ばれ、祝日になります。

仏教徒の皆さんはこの満月の日にお寺に参拝します。

また、聖なるこのポヤデーには、魚肉の販売やお酒の販売が禁止されています。

多くのお店が閉まり、バスの本数も少なくなります。

6月のポヤデーはポソンポヤと呼ばれ、

インドからスリランカに仏教が伝えられたことをお祝いする、

スリランカ人にとっては、1年で一番大切なポヤデーです。

わたしの任地でも、このポソンポヤが盛大にお祝いされました。

街のメイン道路が歩行者天国となり、ステージも設けられました。

そして、なぜかわたしがこのステージで歌うことになったのです(;´Д`)

任地にある日本語学校の日本人ボランティアの先生方お二人と

民族衣装のサリーを着せていただきシンハラ語で一曲披露しました。

日本人が歌うとなれば、お客さんからも注目の的です…大変緊張しました。

実はわたしの配属先の事務所主催のイベント事だったようで、

同僚たちもみんな見ています 笑

いつ練習したんだ?

すごく良かったよ。

今度オフィスでも歌ってくれ。

と同僚たちからの反応はすこぶる良く、

仕事をするだけでなく、

勇気をもって彼らの文化に入っていくことがどれだけ大切かを

改めて身をもって体験した一日となりました。