ウガンダデイズ♪ (近江隊員は帰国しました。)

RSS

近江 佳永
(北海道)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
コミュニティ開発
派遣国
アフリカ
ウガンダ ムベンデ県
一言メッセージ
JICAボランティアとして日々活動しているからこそ見える、ウガンダのナマの様子を綴っていきます!

 

*第18回カナガワビエンナーレで入賞!*

2015.11.04

活動

ウガンダ生活も残りわずかとなってきました。

そんな私の最近のリフレッシュに欠かせないもの、日本食

任地で最近作ったものといえば、焼きいも、豆乳、豆腐、カレー、めんつゆ、炊き込みご飯、ナポリタン(日本食?)…などなど。

昨日は、ごはんのお供「ごはんで〇よ」もつくってみました(笑)!

ウガンダの食事も好きですが、たまには日本食を食べて気分転換も大切です(^^)/

さて本題へ!

ずいぶん前の話ですが、「第18回カナガワビエンナーレ国際児童画展」

ムベンデの2校から応募しました。

すると、2名の生徒が入賞したと学校の先生からお知らせが!!

この連絡自体は数か月前にもらっていたのですが、どうやらそのうち賞状が届くらしいとのことでした。

そしてついに、賞状と入賞者の作品が掲載された冊子が届いたとのことで、その学校を訪問してきました!

すでに賞状は生徒の手元に渡っていたので見ることは出来ませんでしたが、冊子を見せてもらいました。

どの国の子どもたちの絵も、ステキな作品ばかり!!

色彩感覚や絵のタッチ、選ぶテーマも国によって全然違うので、見ていて飽きません。

今回ムベンデから応募した学校は、どちらも学校側の予算から画材を用意し、先生方の指導のもとでしっかりと描きあげてくれました!

どちらの学校も絵を描く授業自体はあるので、他校と比較すると恵まれているのかなとは思いつつ、それを評価してくれる機会は全然ありません。

このような経験を通じて、ウガンダの子どもたち、そして世界中の子どもたちが自信をもってもらえると嬉しいなと思います。

今回、私自身もこうした機会に微力ながら携わることが出来て、とっても幸せです!