Mini Africa, カメルーンでの生活

RSS

大野 文彦
(滋賀県)

ボランティア/職種
シニア海外ボランティア
小学校教育
派遣国
アフリカ
カメルーン 中央州ンフンディ県 ヤウンデ市
一言メッセージ
滋賀県の小学校で教員をしていた大野といいます。現職参加制度を利用し、現在は、カメルーンの首都、ヤウンデにて活動を行っています。

 

運動会5

2018.05.05

活動

五年生の競技は、騎馬戦です。

この競技では、三人が手を組んで馬を作り、
その上に一人が乗って、馬上の武士を
表します。

そして、武士同士がお互いの鉢巻を
奪い合うというものです。

多分に日本的な競技のため、アフリカでは
教員はもちろん、児童も、見たり聞いたり
したことはないはずです。

そこで、三人で馬を作らせ、上に武士を
乗せると・・・。

やはり、気分は最高潮!になるらしく、
威勢よく走り出す馬が沢山。

「ウォーッ!」という掛け声も自然に
出てくるようになり、騎馬戦最高!という
雰囲気に。

しかし・・・。私の声など耳に入らないようで、
相手を引き摺り下ろすのにもう夢中、という
児童が続出。

「ここで怪我をされてはいけない。」と思った
私は、騎馬戦を団体で行う競技から、
1馬対1馬で行う競技に変更。

服や体を引っ張ることはせず、相手の鉢巻だけを
触るものとしました。

それでも、なかなか迫力のある競技となり、
怪我人も無く、楽しめました。