ガーナで日本人が数学を教えてるらしいよ。

RSS

佐原 光
(千葉県)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
数学教育
派遣国
アフリカ
ガーナ
一言メッセージ
西アフリカ・ガーナ・数学教育隊員。日々の授業、理数科隊員たちとの活動、趣味の日本玩具で日本文化を広める活動等、ガーナでの2年間を紹介します!

 

ガーナ独立記念日-マーチング

2018.05.08

文化

前回の記事では、3月初旬に行われた陸上競技大会のことを書かせていただきました。
今回も同じく3月初旬に行われたイベントのことを紹介します!



【独立記念日祝典マーチング】
3月6日。この日はガーナの独立記念日です。
独立記念日には各郡の学校が郡ごとに集まりマーチングを披露するイベントが毎年開催されています。
私の配属校はアッパーウエスト州のナドゥリ郡に属します。
ナドゥリ郡の幼稚園、小学校、高校、職業訓練校、専門学校など約30の学校が集まり、それぞれの学校の代表生徒によるマーチングが行われました。

マーチングは参加者や見学者でただ見るだけでなく、行進の綺麗さが評価され、幼稚園部門、小学校部門、中学校部門、高校部門で最も評価値が高かった学校には、バレーボールやサッカーボールが主催である教育省から進呈されました。
残念ながらうちの学校は入賞ならず。。。生徒も先生もがっかりしていました。

トップの写真は、私の配属校”St. Basilide’s Technical/Vocational Schoolによる行進。みんな格好良かったよ!!

上の写真は幼稚園生たちの行進。可愛いですね!

こちらの写真は、最後の表彰式。

と言うことで、3月初旬はイベントで学校がとても盛り上がりました!

次回の世界日記の更新は、私の学校での活動について紹介したいと思います。
(これまでイベントのことしか紹介しておらず、自分の活動のこと全然書いてませんでした。。。)