行政サービス隊員 活動報告(白川隊員は帰国しました。)

RSS

白川 智久
(北海道)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
行政サービス
派遣国
アフリカ
ボツワナ ハボローネ(首都)
一言メッセージ
JICAボランティアに参加して、自分の世界が広がるのを日々感じつつ、活動しています。私の体験を少しでも共有出来ればと考えております。

 

自分史上最高の日焼け状態が続いています。

2018.02.11

生活

 暑い日が昨年末よりずっと続いています。そのため、上記写真の通り、北海道道東生まれで、人生の大半を色白で過ごしてきた私にとって、ボツワナでしか?できない経験が継続しています。日焼け止めを塗っていますが、あまり効果はないようです。ただ、今年のボツワナは雨も十分降っているようで、ダムも水でいっぱいのようです。

 任期も残すところ、1カ月半となり、部屋を明け渡す前に風呂場の水漏れを直してもらったりするなど、帰り支度が進んでいます。活動は、以前にも触れたとおり、マレーシア政府関連のPEMANDUが給与体系の見直しの実施を担うことになり、いささか手持無沙汰の状態です。ただ、3年ほど前にJICAボランティアにより導入されたファイル管理システムが昨年末より上手く機能しなくなり、それに対応することとなりました。有難いことに、既に帰国している先輩隊員たちから、文字通りのボランティアによる支援を得ることが出来、なんとか解決することが出来るかもしれません。

 

 写真は、私がボツワナで約2年間、主食としてお世話になったBogobeです。調理の仕方により、酸味が強い場合も多いですが、酸味が弱く、少し塩気が効いているものが私の好みです。もち米を食べているような感じの味がします。他に、主食としてはPapa、dikgobe等があります。いずれも私のボツワナ生活には欠かすことの出来ない食材です。写真の分量で、約90円程度です。主要なスーパーや道端の露店でも容易に買うことができます。