モロッコ・ノスノス日記

RSS

ハ下田 侑恵
栃木県

タイプ/職種
青年海外協力隊
美容師
派遣国
中東・欧州
モロッコ シディカセム県
一言メッセージ
初めて体験するイスラム文化での生活や、美容師の卵たちと繰り広げるモロッコ美容情報をご紹介していきます。

 

三者協議

2019.04.25

活動

モロッコに来て半年、任地シディカセムで活動をして5ヶ月が経ちました。

6ヶ月がたつ頃には、ボランティアは活動計画を策定します。

先日、私の配属先の関係者とJICAモロッコ事務所と私とで、活動計画について協議を行いました。

初めの挨拶だけはモロッコの「ダリジャ語」で行い、内容説明はフランス語で行いました。

皆、私の拙いフランス語を真剣に聞いてくれて、時には直してくれます。

30分ほどで終了したのですが、とても疲れました。

これが、私の活動計画です。

(恥ずかしいので、ぼかしを入れています。)

2年間どのような活動をどの時期にするのか。

その目的・目標は何か。

指標や実施者などを書いています。

三者協議では、私が考えた活動計画に、配属先の関係者から意見をもらい、活動への理解と協力を得ることができました。

JICA事務所からのコメントをもらい、夢がどんどん膨らみました。

計画通りに進むよう、より一層頑張らなくてはいけないと、身を引き締めた日となりました。

活動計画の策定は、派遣国によって様々なように思います。

(国の違いか、時代の違いかはわかりませんが。)

以前、派遣された「グアテマラ」では、カウンターパートと一緒に策定し、2年間の活動を進めました。

三者協議は無かったように思います。

モロッコでは、私にはカウンターパートがいません。

活動を共にするパートナーはいますが、特定の人をカウンターパートとはしていません。

配属時にカウンターパートがいなかったので、キーパーソンは多いほうが良いと判断し、今まで活動しています。

カウンターパートは2人いても3人いても良いのですが、モロッコでは決めない方が良いような気がしています。

もちろん、モロッコのボランティアもカウンターパートのいる人がほとんどです。

私も「グアテマラ」では、沢山カウンターパートに助けてもらいました。

カウンターパートがいる、メリット・デメリットはあると思います。

モロッコでのキーパーソンは、みんな私のカウンターパートです。

そうなると10人くらいになり、意見をまとめるのは大変そうです。

なので、必要な時に一緒に活動しています。

この日は、私にとって大事な日と思い、初めてジュラバを職場に着ていきました。

皆、褒めてくれました。

後から写真を確認したら、私が着るとパジャマぽいと感じてしまいました。

モロッコの女性は皆、とても素敵にジュラバを着ているのに、なぜだろうと考えたら、私にはモロッコの女性が顔に巻いている「フラ」がないからだと気付きました。

これから、もっともっとモロッコの魅力に触れていきたいと思います。