コロンビアからの手紙

RSS

山崎 大輔
千葉県

タイプ/職種
青年海外協力隊
マーケティング
派遣国
中南米
コロンビア ボゴタ
一言メッセージ
36歳で会社を辞めコロンビアにやって来ました!商売のノウハウを伝えることで、コロンビアの発展に貢献していきます。

 

コロンビア各地の民芸品が集まる展示会

2018.12.13

イベント

民芸品の展覧会に行きました。

CORFERIAS(コレフェリアス)という、東京ビックサイトのような大きな展示場で開催され、コロンビア全土から数多くの民芸品が集められ販売されます。

コロンビアにはアンデス山脈がありカリブ海と太平洋に面しているため、様々な気候・風土の地域があります。 そのため、古くから各地域の特色を生かした民芸品が作られてきました。

本当に様々な民芸品がありましたが、多かったのは布製のカラフルな肩掛けバック、パナマハット、革製品、木彫りの置物、様々な材質のアクセサリーなどです。全ての商品は細部まで丁寧に作られていて、かなり高品質の商品が多かったです。

また、世界の民芸品を国ごとに集めたブースもありました。

エクアドルやペルー、ベネズエラなどの南米各国をはじめ、キューバ、インドネシア、インド、イラン、ガーナ、スペイン、フランス、イタリアなど広く各地域から参加していました。残念ながら日本のブースはありませんでしたが、来場者は商品を手に取り、良く見て選んでいたので、日本のきめ細やかな高品質の商品であれば人気のブースになっていたかと思います。

コロンビアは、日本と比べ国土が広いですが交通網はあまり発達していません。都市を結ぶ鉄道がなく、長距離の移動は飛行機かバス・車になり多くの場所を訪れることが容易ではありません。

そのような状況を考えると、全国の民芸品を一同に集め展示し販売するこのような企画はとても良いと思いますし、東京にあるアンテナショップのような売り場をショッピングモール等に常設できるとなお良いと感じました。

ボゴタのような大都市と地方の生活水準は大きく異なっているようです。様々な風土からなる多様な文化を生かし、残しつつ、収入を得る機会を増やせる取り組みとして、このような展示会が増えれば良いと思います。