ランバレネ日記

RSS

横田 陽紀
(東京都)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
感染症・エイズ対策
派遣国
アフリカ
ガボン モワイエン・オゴウェ州ランバレネ市
一言メッセージ
エイズを取り巻く地域の状況の改善に取り組みます。仕事のこと、当地での生活のことをわずかばかりでもお伝えできたらと思います。

 

はじめまして!

2018.01.05

生活

初めまして!
感染症・エイズ対策隊員としてアフリカ中央部のガボン共和国に派遣されております、横田 陽紀(よこた はるき)と申します。
昨年10月から2017年度2次隊としてガボンに派遣され、11月12日よりモワイエン・オゴウェ州ランバレネ市に赴任、同市のエイズ専門外来である「ランバレネ・外来診療センター」というところに着任しました。


この度「JICAボランティアの世界日記」のコーナーでブログを開設させていただくことになりました。
日本の多くの方にとって、ガボンという国はあまりなじみがないのではないでしょうか(私も合格通知を頂いてから場所を知りました)。
地方都市となるとなおさらではないかと思います。

当地はガボンの真ん中を流れるオゴウェ川の中流域にできた中洲を中心に発展した町です。
そして、魚の水揚げ地ということもあり、魚料理がおいしく食べられます(魚料理もいずれご紹介していきたいと思います)。

マイペースに、(良かったことも大変なことも含めて)活動のこと、ガボンの人やモノ、景色、食事といったことなど、このブログを通じてお伝えし、当地のことを少しでも身近に感じてもらえたらと思っております。
(ブログ名は日記とありますが、毎日の更新にはならないので予めご了承ください。)
たまに気が向いたときには是非お立ち寄りください。
どうぞこれから宜しくお願い致します!

※最初の写真:オゴウェ川にかかる橋のたもとから撮った夕暮れ時の様子。正面はガボンの港湾都市ポールジャンティなどに行く船が泊まる、いわば「旅客ターミナル」があります。

※2番目の写真:最初の写真の船着き場からは反対側の岸にある(おそらく)漁船の船着き場。この写真の後ろには市場が広がっています。

※3番目の写真:自宅近くから撮った写真。一望とまではいきませんが、町を眺めることができます。