がんばれ!ブータン柔道KIDS (堀内隊員は帰国しました。)

RSS

堀内 芳洋
神奈川県

タイプ/職種
青年海外協力隊
柔道
派遣国
アジア
ブータン ティンプー県ティンプー市
一言メッセージ
ブータンに日本の柔道を!数年前から海外の柔道に関心をもち、旅先で現地の人たちと柔道をしてきました。

 

ブータンがひとつになった日

2015.03.21

人 文化

「まあ仕方ないか」「うん、ブータンだもんね」 

これはブータンで暮らす日本人の中でよくある会話。山々に囲まれて長い間国交を閉ざしてきたブータンでは、のんびりした国民性も手伝ってか「努力する」「あきらめない」「根性」という言葉があまり通用しません。そんなのんびりしているところがこの国のよさでもありますが、そんなところに落胆することが多いのも事実です。

でも、この日のブータンは違いました。

2018年ロシアW杯アジア一次予選、スリランカ戦。FIFAランキング174位のスリランカに対して、ブータンは最下位の209位。

先のアウェイ戦に1‐0で勝利したことが報じられ、国民の期待は最高潮に。16:00のキックオフに合わせて、官公庁や学校では「早めに帰って応援に行ってよい」というお触れが出たほどで、収容人数25,000人のチャンリミタン競技場は早々に埋まり、グラウンドの端の方まで満員状態。首都の人口は約10万人と言われていますから、その数は相当なものです。

そして結果は、1対1で迎えた後半45分、劇的な追加点でブータンの勝利!

勝利の余韻の冷めやらぬブータンですが、こんなふうに、スポーツを通して未来が拓くことがあるのだと人々が知ったという点で、勝ち負け以上に大きな意味のある一日だったと思います。