JICA海外協力隊の世界日記

さばーいなっ!!(めっちゃ楽しい!!)

#7 カンボジア人は何を食べているの?

スォスダイ!

その国の文化を語る上で欠かせないのが、食文化について。

カンボジア料理のことをクメール料理と呼びますが、みなさんクメール料理のイメージって湧きますか?

タイ料理やベトナム料理だとトムヤムクン、グリーンカレーやフォーなど味や見た目のイメージがつきますよね?

ではクメール料理は?

日本ではなかなか食べる機会がなく、イメージがわかない人も多いと思います。

実際に日本で、カンボジアに行く!って友人に伝えると、2つ目か3つ目の質問で、『カンボジアって何食べるの?』って聞かれました。

なので、今回は現在活動しているスタジアムで用意してもらっている、“リアルな”クメール料理を紹介します。

実はコロナ前の派遣時にも食事について紹介しています。→#3 カンボジアで何食べているの??
こちらは私の好きな料理Best3になっているので、よければレビューしてみてください。

ある日の朝ごはん

まずは朝ごはん。

photo_2021-12-20-13.24.08-800x800.jpgカンボジアでは朝からヘビー級な食事を取ることがあります。

写真の料理はコーコー。味のイメージとしては牛すじのビーフシチューのようなもの。そこに八角やシナモンなどの香辛料が使われています。

食べる直前にすだちやライムのような柑橘系のものを絞り、香草やフライドガーリックをかけて食べますが、味濃いめが好きなカンボジア人は砂糖やチリソース、強者は醤油を加えて食べています。

※ビーフシチューのようなものなので、何も加えなくても十分味付けは濃いめです。

この日は中華麺を入れたものですが、クイティウというライスヌードルやフランスパンをつけて食べたりします。
私はフランスパンを浸して食べるのが一番好きです。

ある日の昼ごはん

続いて昼ごはん。

スタジアムの昼食はおおむねスープ+野菜炒めorお肉の揚げ焼き+ごはんのセットです。
※前任地のコンポンチャムでの昼食も似たパターンだったので、カンボジアのスタイルかもしれません

photo_2021-12-26-13.16.17-800x800.jpg

この日のメニューは、左上から時計回りに

・ソムローチーチャイ(海苔のスープ)
・チャークニャイ(しょうが炒め 鶏肉Ver.)
・ごはん

前回の食事紹介で私が好きな料理の第3位にあったチャークニャイです。
しかも当時のおすすめの鶏肉Ver.です。

味付けははオイスターソースや醤油、鶏ガラスープの素がベースとなっています。
スタジアムで食べる炒め物系の多くはオイスターソースと鶏ガラスープの素が使われている気がします。

ソムローチーチャイも大好きなクメール料理の一つで、胡椒や鶏ガラベースのスープに根菜、豆腐、海苔が入ったスープです。
これは間違いなく、日本人が好きな味付けです。

ある日の夜ごはん

最後は夜ごはんです。

スタジアムでの夜ごはんはおおむね、お肉か魚の素揚げ+野菜炒め+ごはんのセットです。

photo_2021-12-26-13.15.41.jpg

この日のメニューは、左上から時計回りに

・牛肉とパプリカの炒め物
・カエルのフライ
・ごはん
・鶏肉のスープ(昼食の残り)

左上の牛肉とパプリカの炒め物はよく出てくる夕食メニュー。
オイスターソースで味付けされていることが多く、時々ケチャップ味になることもあります。

カエルのフライは初めて食べましたが、身がふわふわしており、衣の味もちょうどよく、本当に美味しかったです。

昼ごはんの残りの鶏肉のスープも鶏肉を丸々茹でているので、自然な鶏がらスープの味です。
そこにライムを絞ってさっぱりとしたスープに、よく煮込まれてすぐにほぐれてしまうくらい柔らかい鶏肉があり、これも大好きなクメール料理のひとつです。

今回はある日の食事を朝、昼、夜に分けて紹介しました。
カンボジアにはこの3つの写真だけでは紹介しきれないほど美味しい料理がたくさんあります。

ぜひ、カンボジアに来た際は、屋台やローカルなお店でクメール料理に挑戦してみてください。

衛生面で不安であれば、かなり割高ですが観光客向けのクメール料理を出しているお店もあります。

SHARE

最新記事一覧

JICA海外協力隊サイト関連コンテンツ

  • 協力隊が挑む世界の課題

    隊員の現地での活動をご紹介します

  • JICA 海外協力隊の人とシゴト

    現地の活動・帰国後のキャリアをご紹介します

  • 世界へはばたけ!マンガで知る青年海外協力隊

    マンガで隊員の活動をご紹介します

TOPへ