お米日記 in アフリカの真珠(柿沼隊員は帰国しました。)

RSS

柿沼 翔大
東京都

タイプ/職種
青年海外協力隊
コミュニティ開発
派遣国
アフリカ
ウガンダ チボガ県チボガ
一言メッセージ
ウガンダでネリカ米の普及活動しています。多くの農家さんが稲作に興味を持ってもらえるよう日々頑張っています。

 

カンパラマラソン

2016.11.26

生活

先週の日曜日、「カンパラマラソン」が開催され、他の隊員と一緒に参加してきました!

ウガンダでは、いくつかマラソン大会がありますが、カンパラマラソンは毎年11月に開催されているウガンダ最大のマラソン大会で、日本で言う東京マラソンのような大会です。

コースは、フル(42キロ)、ハーフ(21キロ)と10キロの3つがありますが、私は今回ハーフマラソンに参加しました。

参加費は2万シリング(約600円)で、参加賞としてスポンサーのロゴが入ったノンスリーブシャツ、サンバイザー、リストバンド、ボトルがもらえます。

そして、多くの参加者がマラソン当日、これらを身につけて走ります。

皆、黄色い服を着ているのですごい目立ちます…

ウガンダでは初めのマラソン大会でしたが、日本では一度フルマラソンを完走したことがあったので、今回ハーフは余裕かなと考えていましたが、とにかく大変でした…

スタートは朝7時で、まだ薄暗い中出走しました。

最初は、写真を撮ったり、友人と話したりしながら走っていて余裕がありました…

しかし、陽が昇って暑くなるにつれて、だんだん余裕がなくなっていきました。

日本ではマラソンは冬に行われますが、ウガンダは年中夏なので、とにかく暑い!

更に、カンパラの平均標高は1200mで、コースもかなりのアップダウンがあります。

長い上り坂に何度も何度も心が折れそうになりました。

結果、目標だった2時間を切ることはできませんでしたが、なんとか2時間10分くらいでゴールすることができました。

他の隊員も全員無事ゴールすることができました!!

今回初めてウガンダのマラソンに参加してみて、とても大変でしたが、普段あまりゆっくりと見ることのできないカンパラの街を走ることができて良かったです。

また、運動不足を実感したので、任地でもこれから少しずつ運動も続けていこうと思いました。

そして、また機会があれば他の大会にも参加して、次は2時間を切れるように頑張りたいと思います。