JICA海外協力隊の世界日記

ライフ・オブ・カリビアン

遠足(カカオと洪水)

今日は、遠足でした。

数日前、女の子たちは楽しそうに会議していました。

「私、明日は遠足のお菓子買いに行かなきゃ」

「私も。あと、ジョリーロガー(ラム酒)買わなきゃ」

「ワインも!ちゃんとバレないよう空きボトルに移さないとね」

聞こえてますけど。笑

あなたたち、中学生ですけど。笑

そんな、待ちに待った遠足です。

※指導により飲酒事件はナシ。ホッ。

子供4人に(1名欠席)、職員7人。

車で1時間半のスフレという観光地へ行きました。

まずは、植物園と滝。

20171130_1.jpg

DSC05913.jpg

最初、テンションが高かった女の子たち、途中から不機嫌になります。

「先生っ!“飢え”って何か知ってるっ?!」

お腹が空いてきたようです。わかりやすい。

ということで、ランチを食べにリゾートホテルへ。

20171130_140656.jpg

いつも遠足は、施設からお弁当を持って行くのですが、

ちょっと豪華にしてみたく、私から提案してみたのです。

そうしたら、大変親切なリゾートホテルの社長が、

ご厚意で素敵なテラスで食事をご馳走してくださいました。

20171130_121405.jpg

こんな美味しいビュッフェを全員分!

20171130_121353.jpg

20171130_121654.jpg

”飢え”を満たした女の子たち、再び上機嫌。

トイレで鏡を使った自撮り大会が始まります。

食事の後は、リゾート内のツアー。

このリゾート、広大な敷地に沢山の植物を育てています。

ガイドさんが生き生きと、植物について話してくれます。

20171130_133837.jpg

カカオについても詳しく教えてくれました。

これが、生カカオ。

白い部分は甘酸っぱくて美味しい!

20171130_131346.jpg

これを洗って、

kakao bokashi 2.jpg

洗って、

20171130_141604.jpg

焼いて乾かす。これでココアの味。

20171130_140852.jpg

若くして博識な最高のガイドさん、とても面白いツアーで職員は大満喫。

しかし案の定、女の子たちは途中で飽きます。

最後、「ガイドさんに御礼を言いなさい」と職員が言うと、

女の子代表「代表して御礼を言います。ありがとうございます。」

そっぽ向いて、眉毛の寄った睨んだ顔でムスッ。

あまりに態度が悪かったため、次のプログラムは中止。

バスに乗って首都の街へ帰ります。

しかし、この判断は大正解!

大雨が降りだし、みるみるうちに洪水。

道路が封鎖されてしまいました。

隣の同僚は大騒ぎ、雷で私にしがみついて祈ります。

まわり道をして、3時間かけて首都の街に着きます。

首都の中心街も洪水中。

20171130_171829.jpg

それでも今回の遠足、平和に終わってなにより!

(前回は、とても大変だった。)

職員も子供も怒ったり笑ったり、家族旅行のような雰囲気の遠足でした。

SHARE

最新記事一覧

JICA海外協力隊サイト関連コンテンツ

  • 協力隊が挑む世界の課題

    隊員の現地での活動をご紹介します

  • JICA 海外協力隊の人とシゴト

    現地の活動・帰国後のキャリアをご紹介します

  • 世界へはばたけ!マンガで知る青年海外協力隊

    マンガで隊員の活動をご紹介します

TOPへ