JICA海外協力隊の世界日記

ライフ・オブ・カリビアン

園庭と謎のニワトリ

最近、施設の園庭には謎のニワトリが走り回っています。

夏休み中に住み着いたのかもしれません。

セントルシアの路上には、

朝から元気にコケコッコー!と、

野良ニワトリが走り回っています。

お母さんとヒヨコがヨチヨチ歩いていることも。

そんな元気な彼らにとって最も危険なシーズンが、夏休み!

日本で夏休みの男の子が虫捕りに出かけるように、

セントルシアの男の子たちはニワトリ狩りをするよう。

獲ったニワトリはBBQにするらしいのです。

うちの園庭のニワトリは、避難してきたのかもしれません。



私の勤める施設には、

「アプトン・ガーデンズ・ガールズ・センター」という名の通り、

綺麗な園庭があり、ここで体育やイベントを行います。

防犯のため有刺鉄線で囲まれていますが、

謎のニワトリが走り回っていたり、

ヤシの実泥棒が白昼堂々勝手に木に上っていたり、

たまに珍事件が起こります。


右にあるのはマンゴーの木。実がなったら皆で食べます。


新年度が始まって2週間。

施設に定着してきている子が3~4人。

あとの3~4人は、家出で行方不明、連絡が取れない、

掃除が嫌で来なくなった、制服の一部を燃やしてしまった、など。

通所型のため、いかに子供に定着してもらうかが施設の課題です。

SHARE

最新記事一覧

JICA海外協力隊サイト関連コンテンツ

  • 協力隊が挑む世界の課題

    隊員の現地での活動をご紹介します

  • JICA 海外協力隊の人とシゴト

    現地の活動・帰国後のキャリアをご紹介します

  • 世界へはばたけ!マンガで知る青年海外協力隊

    マンガで隊員の活動をご紹介します

TOPへ