JICA海外協力隊の世界日記

ライフ・オブ・カリビアン

住所のない国

そういえば、私は首都を拠点にしていますが、

家にも職場にも住所がありません。

イメージ的には、「〇〇市」くらいの

ざっくりとした地名があって、

その先は口頭で説明するかんじ。

首都の中心街は道に名前がついているので、

運が良いと、どの道沿いにあるかまではわかります。

(番号はないので、その先は頑張って探す)

郵便は戸別配達システムがないので、

みんな郵便局に取りに行きます。

写真は、私の家の近所の目印ヤシの木。

私が自宅を説明する時は、

大通りのバス停の横の道を入って、

坂を上ってヤシの木で右折、

2分くらい歩いてピンクの家が見えたら、

その向かいの黄緑の家ですよ~。

ってかんじです。

店や病院も、こんな調子で人に聞いて探します。

道が少ないので、そこまで困らないようですが、

「住所って便利…!」と、

こちらに来て思うのでした。

SHARE

最新記事一覧

JICA海外協力隊サイト関連コンテンツ

  • 協力隊が挑む世界の課題

    隊員の現地での活動をご紹介します

  • JICA 海外協力隊の人とシゴト

    現地の活動・帰国後のキャリアをご紹介します

  • 世界へはばたけ!マンガで知る青年海外協力隊

    マンガで隊員の活動をご紹介します

TOPへ