子連れジャマイカ滞在日記

RSS

フィネルップ 尚子
富山県

タイプ/職種
シニア海外ボランティア
日本語教育
派遣国
中南米
ジャマイカ キングストン市
一言メッセージ
9歳の娘を連れてジャマイカに赴任し、大学で日本語を教えています。人手もお金も足りない大学で、安く効率的に日本語を学ぶ方法を模索しています。

 

世界大学ランキング:UWIカリブ海地域1位保持

2019.10.08

 写真は、大学の中にあるゲスト用ホテル、モナ・ビジターズロッジの庭。かつて砂糖きびプランテーションが広がっていた頃の遺跡と調和した、歴史を感じさせるスモール・ラグジュアリー・ホテルのような外観です。ここのレストランはランチセット500円位なので、お金と時間に少し余裕のある時に、教職員がのんびりランチをしています。今日はここで、先日オリエンテーションで知り合った、麻酔医師のアネットさんとランチ。アネットさんが、教育と研究と家庭のバランスを取りながら、3人の子どもを育て上げた、その秘密を探ります。

 昼食中、次々と友人や同僚が訪れます。写真は、大学時代から30年来の友人ロクスレーさんとポーズをとるアネットさん。今は二人とも大学で働いていて、最近はキャンパスで顔を合わせる度に、老後の計画を語り合っているとか。アネットさんは実はヘアスタイリストの資格も持っていて、引退後、美容関係のビジネスを始めるそうです。肝心の子育てについて聞いてみると、なんと、3人の子どもと2人の養子、計5人の子どもを育て上げたとか。そう言いながら、「お手伝いもいたし、運転手もいたし、忙しかったけどなんとかなったわ。」とこともなげに語るアネットさん。

 ランチをごちそうになったのですが、やはり成果を出している教育者。タダでは帰してくれません。私がジャマイカの言語政策に興味があると言ったら、瞳を輝かせながら、「面白そうね。論文書いたら?アウトラインは、来週の金曜日までに送ってね。」最近UWI(写真は、UWIの本部から撮影されたUWIの全貌(イギリスの提携大学、ライチェスター大学のホームページに掲載されている写真のスクリーンショット))では、大学ランキングを上昇させるために、論文を書くことが強く奨励されています。ノルマは1年に2本!UWIは、2018年の世界大学ランキング(The Times Higher Educationのもの)で、ラテンアメリカ・カリブ海地域で37位、今年のランキングでは32位と上昇しています。カリブ海地域ではトップの座を守っていて、世界でも、UWIより上にランキングされている日本の大学は、14大学しかありません。UWIの強さの秘訣は研究にあると言われていて、今後はさらに研究に力を入れようとしているのでしょう。アネットさん言わく、論文を書くためには、一週間単位でこれだけやると決めて、確実にやり遂げること。「千里の道も一歩から」ですね。人間は期待されたとおりの結果を出す傾向があり、これは教育心理学で、「教師期待効果」と呼ばれています。教師に期待されると学習者の成績・成果が向上するらしいのですが、ここまで期待されたら、もう逃げられませんね。