みんなあのねのセネガル便り(西村隊員は帰国しました。)

RSS

西村 綾介
神奈川県

タイプ/職種
青年海外協力隊
青少年活動
派遣国
アフリカ
セネガル サンルイ州サンルイ市
一言メッセージ
ボクでなきゃ!キミでなきゃ!たわむことのできるしなやかな軸をもって、子どもたちの笑顔のために力を合わせて頑張ります。

 

みんなあのね、「過去へ」

2016.10.31

文化

先日、ゴレ島を訪問した。

ゴレ島は、セネガルの首都ダカールの沖合い約3kmに浮かぶ。

東西300m、南北900mの小さな島だ。

1444年にポルトガル人に発見されて以来、

ヨーロッパ列強国の間で主権争いが繰り広げられ、

ゴレ島は最終的にフランス領となる。

ゴレ島は、1848年に奴隷貿易が禁止されるまで、

新大陸への積み出し港として発展していくこととなる。

「奴隷の家」として博物館になっている建物(写真1枚目)は、

オランダ人により建てられたもので、

建物全体で常時150200人が押し込められていたという。

大人も子どもも。男性も女性も。

同じ人間によって、商品としての価値をつけられた。

奴隷として収容された人たちは、鉄の首輪と腕輪をはめられた。

衛生状態も非常に悪く、伝染病が流行することもあった。

奴隷貿易の基地とされたゴレ島には、

今でも奴隷収容所や奴隷を売買した館、

列強同士の島の奪還争いの際の砲台などが残っており、

この島の悲惨な過去を物語っている。

現在のゴレ島は、とてもゆったりとした時間が流れている。

コロニアル建築のカラフルな建物が立ち並び、

ブーゲンビリアが咲く路地裏。

アートの島の顔も持つゴレ島は、

アーティストの作品が島の至る所に飾られ、

交渉してその場で購入することもできる。

ゴレ島は、ユネスコの世界遺産に登録されていることもあり、

島を訪れる旅行者も少なくない。

島には原色が眩しい様々なお土産も売られている。

カーラピッド(セネガルを走るカラフルな車体のバス)を

モチーフにしたブリキのおもちゃなどは、

童心をよみがえらせてくれる。

この島に住みつくアーティストは多いと聞いたが、

アーティストだけでなくジャンベと呼ばれる伝統的な太鼓の奏者など

島にたどり着き、住み続けるミュージシャンも多い。

人口2000人に満たない小さなこの島に、

島の子どもたちのための「子どもの家」がある。

子どもたちは、ここで自由に遊ぶことができる。

おもちゃや本を自由に借りることもできる。

手の空いた大人が本の読み聞かせをしたり、

島のアーティストが開くお絵かき教室があったり、

子どもたちの母親同士が集まって刺繍教室を開いたり、

子どもたちを中心に交流が広がっている。

私は、2回目のゴレ島訪問。

初めて子どもの家を訪問し、短い時間であったが、

子どもたちと遊び、スタッフの方々とお話しさせていただいた。

いつもたくさんの人から活動のヒントを頂いている。

そして、今回もたくさんのことを学ばせていただいた。

▼ユネスコ世界遺産のホームページで、

 ゴレ島の写真を見ることができます。

http://whc.unesco.org/?cid=31&l=en&id_site=26&gallery=1&maxrows=28