とどけガーナ暮らし(大橋隊員は帰国しました)

RSS

大橋 麻実
愛知県

タイプ/職種
青年海外協力隊
PCインストラクター
派遣国
アフリカ
ガーナ イースタン州ンクワティアクワフ
一言メッセージ
カカオの木が広がるガーナ、イースタン州の高校でICT教員として活動しています。日々のドタバタガーナ暮らしを少しずつお届けしていきます。

 

今が旬!マンゴーパラダイス

2019.01.17

生活

Memamo aha!(みなさん こんにちは)

先日、日本人の方が経営されているマンゴー園にお邪魔してきました。

日本ではなかなか高級なイメージのある、マンゴー。

ここガーナでは今が旬!とばかりに、たくさんマーケットで売られています。

実はマンゴーに目がない私。この時期を待ちに待っていました!(拍手!)

そんな中、念願のマンゴー園に連れて行ってもらえることに。

首都から車で1時間半ほど東へ走ると、そこはまさに楽園!

あたり一面マンゴーの木々が立ち並んでいました。

地面に着きそうなぐらい、実がたくさん成っています!

マンゴーを育てるためには、絶妙な温度管理が不可欠といいます。

ガーナでは、1年にマンゴーが2回採れるシーズンがあり、それがだいたい1月と6月。

ガーナは雨期と乾季がありますが、雨期で温度が下がった時に花が咲き、雨季が終わって、乾季で暑くなった時に実をつけるのだそう。

経営されているマンゴー園は、およそ50エーカー(東京ドーム4.3個分!!)もあるそうで、様々な品種のマンゴーが採れるとのこと。中でも、キーツと、ケントという品種がここの2大品種。

ローカルマンゴーと呼ばれる、至る所に(自然に?)生えているマンゴーと違って、実が大きく、繊維が少なく、トロリとした食感が特徴的。

どちらも最大2キロまで大きくなると言うので驚き!

しばらくマンゴー園を散策したのち、熟したゾーンでマンゴー狩りをさせてもらえることに。

ガーナ人のマンゴーマスターによるGoサインのもと、マンゴーを採り採り。

一つ一つが大きくてずっしり重く、欲張って取ってしまったあまり、袋が今にも破けそうに・・・

帰り道は、過酷な筋トレと化していました(笑)

採ったマンゴーが食べごろになるのは、だいたい1週間後…

がっかりするであろう私たちを見越して、試食用のマンゴーを予め取っておいてくれたオーナーに感謝!

こーんなに完熟のとろけるマンゴーを頂けました!

現在乾季真っただ中!暑い暑いと言いながら、食べるマンゴーは格別です。

至福の時間をありがとうございました。