ガーナで日本人が数学を教えてるらしいよ。(佐原隊員は帰国しました。)

RSS

佐原 光
千葉県

タイプ/職種
青年海外協力隊
数学教育
派遣国
アフリカ
ガーナ
一言メッセージ
西アフリカ・ガーナ・数学教育隊員。日々の授業、理数科隊員たちとの活動、趣味の日本玩具で日本文化を広める活動等、ガーナでの2年間を紹介します!

 

陸上競技大会

2018.03.21

文化

3月に入り、イベントが立て続けにありました。
今回と次回の記事でそれらを紹介していきます!

【学内陸上競技大会】
3月1日、2日と二日間に渡り、配属校にて陸上競技大会が行われました。
私の所属する学校は全寮制で、寮は4つの棟に別れており、寮対抗で得点を競いました。
”運動会”や”体育祭”ではなく”陸上競技大会”と名打ったのは、種目がまさに陸上競技大会だからです!

種目は以下のとおり、

<1日目>午後のみ
・100m走(予選)
・走り幅跳び
・800m走
・200m走(予選)
・400m走(予選)
・1500m走
・4×200mリレー

<2日目>全日
・3000m走
・5000m走
・100m走(決勝)
・400m走(決勝)
・砲丸投げ
・円盤投げ
・200m走(決勝)
・三段跳び
・走り高飛び
・4×100mリレー
・ジャベリング(槍投げ)
・マイルメドレーリレー
・4×400mリレー
・スタッフレース
・サッカーマッチ

この通り、陸上種目が目白押しです!

中学高校と陸上部だった私は、その頃の部活の大会を思い出し懐かしい気持ちになりました。
そして、さすがガーナ人。フォームは悪くも、その持ち前の優れた身体のバネで好記録を出していました。

心残りはスタッフレース。陸上部だった私は、ガーナ人と競ってみたく、先生たちが走るスタッフレースを待ち遠しいくしていたのですが、、、走りたいスタッフが私以外におらず、結局白紙になってしまいました。。。

優勝チームは、最後にその寮担当の先生を担いでパレードでお祝いしていました!
そんな気候的にも生徒たちの活気的にも暑(熱)かったガーナの陸上競技大会でした。

次回の記事では、3/6の独立記念日に行われた祝典について書こうと思います!
近日中に更新予定!