ニカラグア野球日誌(鈴木隊員は帰国しました。)

RSS

鈴木 聖哉
岩手県

タイプ/職種
青年海外協力隊
野球
派遣国
中南米
ニカラグア マサヤ県ニンディリ市
一言メッセージ
日本の裏側ニカラグアでプロ野球選手を目指す子どもたちに野球指導をしています。ずっと続けてきた野球を通じて貴重な経験ができていることに感謝。

 

生きてるって素晴らしい

2017.10.07

人 生活

こんにちは!

突然ですが先日インフルエンザに罹ってしまいました。

こんな暑いニカラグアにもあるんですね。日本でも罹った事無いのに!!笑

ウイルスって怖い。そんなこんなで約一週間活動を休んでいました。

心配してくれた同僚、隊員やホームステイ先の家族に感謝です。

同僚にはちょこっと嫌味もいわれましたが…笑

インフルエンザもよくなった後、JICAボランティアに与えられている任国外旅行制度を使ってメキシコへ旅行してきました。

この制度は簡単に言えば年間20日間、日本や近隣の決められた国に旅行できる制度です。もちろん自費で!!

結論から言うと素晴らしい経験ができました。他のラテンアメリカの文化を知ったり、スペイン語のちょっとした違いを感じたり、他国の同期と合流し、それぞれの活動や状況を話したりすることができました。

毎日快晴で思い切り観光できました。

しかしまぁ私の旅がそんな簡単に終わるはずはなく・・・

ご存知の方も多いと思いますが先日メキシコでマグニチュード7.1の大地震がありました。

その時私はニカラグアに戻るために空港にいました。そこで荷物を預けようとしている時に揺れに気づきました。

日本人ほど地震に慣れている人種はいないかのもしれません。悲鳴を上げる人、パニックに陥り逃げ惑う人。そんな私も東日本大震災当時の記憶が呼び起されました。

私は幸い頑丈な空港にいたため大事には至りませんでしたが、ほんの数時間前、ほんの数日前に訪れた街では家屋の倒壊や爆発など大きな被害がありました。

ホントに人生何が起こるかわかりません。まさか人生で二回も大地震に遭うなんて…。

しかしこうして生きている!!

当たり前ではなく、有り難いことなんだなと最近よく思います。

ニカラグアでも最近ハリケーンの影響で大きな水害があり、亡くなってしまった方もいるそうです。

そんな中、国内でも道路に水が溢れたり停電したりということはありましたが、職場やボランティアの仲間、ホームステイ先の家族が無事だったことが何よりです。

そんなこんなでニカラグアに来て1年が経ちました。

インフルエンザや地震や水害はありますが生きてること、ニカラグアでJICAボランティアとして活動できることに感謝してあと1年頑張ります!!!

もう何も起こりませんように・・・。