心はいつも晴れ☀ in Uganda(髙玉隊員は帰国しました。)

RSS

髙玉 ひろみ
北海道

タイプ/職種
青年海外協力隊
体育
派遣国
アフリカ
ウガンダ ムバレ県ナブマリ
一言メッセージ
運動を通して伝えることとは?体育の可能性を信じ、アフリカの真珠・ウガンダで活動しています。

 

Uganda紹介!

2017.02.26

文化

Mulenbe!(こんにちは)

今回はウガンダについて紹介します。

皆さんは、ウガンダがどこに位置しているか知っていますか。
ウガンダという名前を初めて聞いた方もいるかもしれませんね。
私たち、ウガンダで活動しているボランティアの多くもそうでした。

「ウガンダ共和国」は、アフリカ東部に位置する赤道直下の小さな国です。赤道直下というと、暑い、水がない、砂漠などのイメージを持つ方が多いと思いますが、ウガンダは標高が高いため比較的涼しく、“PEARL OF AFRICA(アフリカの真珠)”と称されるほど、緑豊かで過ごしやすい国です。面積は日本の本州とほぼ同じくらい。英語とスワヒリ語が公用語とされ、現在70名を超えるボランティアがウガンダ各地で活動しています。

首都カンパラは、私がイメージしていたよりもずっと都会です。高層ビルが立ち並び、大型マーケット、ホテルなども充実しています。日本食メニューのあるレストランもあります。アフリカで2番目の大きさを誇るといわれるモスクもあります。中心街のマーケットには、いつも色とりどりの野菜や果物が山のように並べられ、通りには車・バイク・人が溢れています。

さて、日本から遠く離れたウガンダで、日本を身近に感じることができるものがあります。それは、車!ウガンダで利用されている車のほとんどが日本車です。ウガンダでは、「マタツ」と呼ばれる乗り合いタクシーが交通手段として使われていますが、それも日本車です。タクシーパークにぎゅうぎゅう詰めになっているマタツを見ると、ウガンダと日本は意外と近いのかもしれない、と錯覚しそうになります。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

Wanyala naabi!(ありがとうございました)