JICA海外協力隊の世界日記

マラウイ日誌~50年目のバトンをつなぐ~

Zikuyenda.マラウイからはじめまして

はじめまして。

2021年の6月よりマラウイにPCインストラクターとして派遣された、竹内真理(たけうち まり)です。

みなさんはマラウイという国をご存じでしょうか?知らないという方も多いのではないでしょうか。実は私も協力隊に応募するまでは全く知らない国でした。

マラウイはアフリカ大陸南東部に位置する内陸国で、タンザニア、ザンビア、モザンビークの3か国と国境を接しています。

時差は日本より-7時間あり、国土面積は日本の約3分の1で、国土の20%以上をマラウイ湖が占めています。

現在私は、マラウイの首都であるリロングウェで活動を行っています。リロングウェはマラウイでは屈指の大都市ではあるものの、高層ビルや大規模商施設などはなく、どことなくのどかな雰囲気があります。

さて、マラウイには多くの民族語がありますが、首都のリロングウェでは、チェワ語が多く使われています。その挨拶はいろいろありますが、今回のブログタイトルにある、Zikuyenda (ジクイェンダ)は非常に便利な挨拶です。どの時間帯でもどのような相手にも使用でき、Zikuyendaといわれた際には、同じようにZikuyenda  と返せばよいところも覚えやすくていいと思いませんか?

それではみなさんZikuyenda。次回は活動先について紹介します。

SHARE

最新記事一覧

JICA海外協力隊サイト関連コンテンツ

  • 協力隊が挑む世界の課題

    隊員の現地での活動をご紹介します

  • JICA 海外協力隊の人とシゴト

    現地の活動・帰国後のキャリアをご紹介します

  • 世界へはばたけ!マンガで知る青年海外協力隊

    マンガで隊員の活動をご紹介します

TOPへ