ぐあぐあ日記enエクアドル

RSS

粟島 実穂
(愛知県)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
幼児教育
派遣国
中南米
エクアドル ピチンチャ県キト市
一言メッセージ
愛知県瀬戸市の公立保育園の保育士です。そこで出会った南米出身のこどもたちの存在がきっかけとなり、現在はエクアドルの首都キト市内の幼児センターで活動中です^^

 

ガラパゴス旅行♪

2018.10.09

文化

¡Hola! こんにちは^^

今回は、エクアドルと言えば!のガラパゴス諸島についてご紹介したいと思います!

ガラパゴス諸島・・・今までは私の中で、人生のうちで1回行けるかどうかという位置づけだったのですが、せっかくエクアドル隊員としてここで暮らしているので、2年の任期のうちに行けたらいいなと思っていました。今回は、遠く日本からここエクアドルまで友達が来てくれたので、友達と一緒に初めてのガラパゴス旅行に行ってきました!!

キトのマリスカルスクレ国際空港から、飛行機で2時間半ほどで、バルトラ島という小さな島にある空港に到着。バルトラ島から今回の滞在先のサンタクルス島は、フェリーで10分ほどです。空港からフェリーの乗り場まではシャトルバスで・・・するとすぐにコバルトブルーの海が迎えてくれて、バス車内は歓声に包まれました!私もエクアドルに来て1年弱、初めての海だったので、わくわくが止まりません!^^

サンタクルス島到着後は、ガラパゴスで有名な「お魚市場」や「チャールズ・ダーウィン研究所」「トルトゥーガ・ベイ」などを満喫しました。街中にある小さな可愛い教会では、写真のようにガラパゴスらしい海のステンドグラスを見ることもできます。街をのんびり歩いているだけでも、本当に楽しい!

でも、特に私たちが何度も足を運んだのが「世界一きれいな砂浜」に認定された、トルトゥーガ・ベイです^^この綺麗な砂浜にたどり着くには、万里の長城に似た?長く続く道を、片道45分も歩かなくてはいけません。けれど、その先には綺麗な砂浜、そこを更に30分ほど歩くと、私たちがずっと会いたくて恋焦がれていた「アオアシカツオドリ」がお出迎えしてくれたのです!サンタクルス島では、あまり数がいないと聞いていたアオアシカツオドリ。この子に一目会いたくて、会える可能性のあるトルトゥーガ・ベイを何往復もしたのです。念願叶ってアオアシカツオドリに会えた帰り道、うっすらと虹も出て、大満足のトルトゥーガ・ベイでした^^♪

その他には、島の人お勧めの「ラス・グリエタス」でシュノーケリング♪ここはもともと行く予定ではなかったのですが、島の人が「とってもとっても透明で綺麗だよ!」と強くお勧めしてくれたので行くことに!!結果、とーっても楽しかったです!しかもこの日は、ぴかぴかの快晴だったので、水の色もグリーンがかかったような綺麗なブルー!中は意外に深くて、少しセノーテのような雰囲気でした。熱帯魚が沢山・・・というよりは、奥の方に大きな魚たちが優雅に泳いでいるという感じでした^^

滞在中の夕食はいつも市場で。タイの屋台村のような雰囲気で、新鮮な魚介やエクアドル料理のお店が軒をつらねていて、活気があります!私たちは海老の美味しさの虜になり(私はもともと大の海老好き!笑)、「今日はどこのお店で海老食べようね~♪」と毎日幸せな悩みを抱えながら、海老のフライや海老のセビーチェ(スープ)、海老のココナッツ炒めなど、海老三昧でした!!ぷりっぷりの海老とお酒と、エクアドルらしさ満点の音楽の生演奏を楽しみ・・・最高のガラパゴス旅行でした^^

今回はこの辺りで・・・。

次回は、私たちJICAボランティアが任期の半分終えた頃に行う「中間報告」の様子について、ご紹介したいと思います!