赤道直下滞在記(古谷隊員は帰国しました。)

RSS

古谷 欣也
(大阪府)

ボランティア/職種
シニア海外ボランティア
農産物加工
派遣国
中南米
エクアドル マナビ県 カルセタ市
一言メッセージ
県の投資プロモーション公社に属し、農産物加工会社の製品の品質向上に携わります。

 

勉強会とその後のお楽しみ

2017.11.06

活動

私の活動先では、今、工場を建設しています。食品を製造するので、衛生管理が非常に重要です。先週月曜の午前中に、その基本的な項目である「適正製造規範」の講義が行われ、活動会社の主要メンバー約10名とともに、私も参加させてもらいました。

講義は約2時間行われ、工場のレイアウト、服装管理、機器の管理など内容は多岐にわたりました。講義はスペイン語なので全て聞き取れたわけではありませんが、私もエクアドルでの衛生管理の基本をあらためて確認することができました。(上写真は講義の様子)

講義の後は理解度の確認テストがありました。内容についての理解はもちろんですが、私にとってはスペイン語のテストとも言えるものです。講義の内容は別のスライドで予習していたため概ね問題無いのですが、テストは問題文を正しく理解できているか不安でした。他の人から10分ほど遅れたものの、なんとか提出することができました。

まだテストのフィードバックをもらっていませんが、同僚と間違った点を確認して理解を深めたいと思います。(上写真はテストの様子)

テストが終わるとちょうどお昼時だったので、同僚からいつものように「お昼に行こう」と声をかけられました。普段は二人なのですが一緒に行く人が多く、行ったレストランも普段とは違うので、何故かなと思っていたところ、その日が活動先の責任者の誕生日でした。

私の住む町では、職場で同僚の誕生会をすることは珍しくありません。そして、その誕生会はとても賑やかです。この日は会社トップの誕生日でもあったため、お昼の時間なのですが歌手まで登場し、笑いも絶えない誕生会となりました。

最後はケーキが登場してお開きになりましたが、午前中の講義と試験の疲れが癒された、特別なお昼でした。(写真は誕生会の様子)