Mori先生のLet's go! ヤップ島!

RSS

森 洋貴
(大阪府)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
体育
派遣国
大洋州
ミクロネシア連邦 ヤップ州ヤップ島
一言メッセージ
太陽の暑さと人の温かさが自慢のヤップ島。国際大会の準備、陸上競技の指導、小学校での体育授業などをしています。ヤップから東京五輪へ!

 

未知の小径へ

2018.05.12

活動

「ワンツースリー!足を前後に!」

という具合にみんなで運動から始まる朝。

5月11日金曜日、ヤップ州は祝日です。

この日、7月のスポーツ大会「マイクロゲームズ」の運営団体が主催するwalkathon(散歩行事)が行われました。

実はこの後に職場に行く必要があったので、参加は難しいかなと思っていたのですが、朝6時過ぎに開始という事で後の行事には間に合いそう…

という事でスタート地点、州都コロニアのPine Barなる飲食店へと向かいました。

すると「モリセンセー。準備運動!」と突然のリクエストが!!!

ここは断るわけにはいかない!

眠たい目をこすっている方も多かったので、ゆっくりとした柔軟運動から最後は少し速めのジャンプも交え、体を整えました。

さあいよいよスタート!!!

町の中心にあるチャモロ湾という入江をぐるっと回っていきます。朝陽を浴びながらヤシの木が風になびいています。

この時間はまだ涼しいため風が心地良く、皆さんの脚もスイスイ進みます。

湾を一周近く歩いたところで、舗装路を外れ、茂みの方へ…

そこはストーンパスと呼ばれる、石が敷かれた小径になっていました。

周囲は緑に覆われ、ちょっとした森林浴気分です。

ここで紹介しきれないのが残念なのですが、豚や鶏の鳴き声も聞こえてきて、時折、小径の脇に住む人たちに声を掛けてもらう事もありました。

ヤップではほとんどの土地が私有地とされており、大きな道や居住地の近く以外はあまり気軽に足を踏み入れられません。

今回の行事は私にとって未踏破だった土地を知る良い機会になりました。

普段はあまり運動をしない方々にも汗を流してもらえたので、スポーツが少しでも広まる機会になったのかな、そうであれば良いなと思います。

ゴールしたのが7時過ぎ、有意義な一日となりそうです!

私はこの後、次なる行事に向かって職場へ急ぎます!

ゆっくりなヤップの毎日には珍しい2本立ての行事!後ほど2本目を報告いたします!