ガボンジュール!!

RSS

野口 彩夏
(和歌山県)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
作業療法士
派遣国
アフリカ
ガボン
一言メッセージ
ガボンで作業療法士として毎日おじいちゃん・おばあちゃんとリハビリをしています。ここで見たこと・感じたことをありのまま皆さんに伝えられれば、と思います。

 

赤道直下のマラソン大会

2017.12.07

人 生活

肌寒い季節になると日本では各都市でマラソン大会が開催され、その盛り上がりが例年ニュースになったりしていると思います。

ガボンでも毎年マラソン大会が開催されており、毎年多くのランナーが出場しているそうです。

しかし日本と大きく異なるのは気候です。今年は12月最初の週末にマラソン大会が開催されたのですが、現在のガボンは雨季で猛暑の真っ只中という気候でした。

雨季のガボンのお天気は強い直射日光が降り注ぐ晴れのときもあれば、バケツをひっくり返したような大雨が降るときもあり、1日の中でもコロコロとお天気が変わります。

マラソン大会当日は朝から快晴で、雨季では珍しくその後も雨が降ることなく絶好のマラソン大会日和でした。

大々的に開催されるこのマラソン大会中は主要な道路は通行止めとなり、普段は車でしか走れない大きな道を海を見ながら気持ちよく走ることができました。

途中で消防車により放水などもあり、アフリカらしい大胆な演出にワクワクしながらの楽しいマラソン大会でした。

ホースで水をかけられてビショビショになりますが、ガボンの強い日差しですぐに乾き、再び熱帯気候の暑さで自分の汗で服がビショビショになるということもガボンだからこそ楽しめる、少し個性的なマラソン大会でした。