とどけガーナ暮らし

RSS

大橋 麻実
(愛知県)

タイプ/職種
青年海外協力隊
PCインストラクター
派遣国
アフリカ
ガーナ イースタン州ンクワティアクワフ
一言メッセージ
カカオの木が広がるガーナ、イースタン州の高校でICT教員として活動しています。日々のドタバタガーナ暮らしを少しずつお届けしていきます。

 

よさこい祭り in ガーナ

2018.11.17

活動

Memamo aha!(みなさん こんにちは)

11月初旬はジャパンウィーク!ということで、

大使館主催のイベントが多数行われました。

その中でも、配属先の高校が参加した、

"よさこい祭り" の様子を

今回はご紹介したいと思います!

ところでみなさん、

つい先日SNSで話題になっていた、“ガーナでよさこい踊り”

の動画、ご覧頂きましたでしょうか?!

まだの方!

“ガーナ よさこい” 

と、是非検索してみてくださいね。

ダンサーの中込さんという方が動画を

SNSにあげたことがきっかけで、大反響!

今回たくさんの方々に見て頂くことが出来ました。

ニュース番組でも取り上げて頂き、驚きの連続!!

SNSの力って本当にすごいですね。有難い限りです。

ガーナでは今年で17回目のよさこい祭り。

毎年大盛り上がりのイベントです。

当時の駐ガーナ大使の方が高知出身で、

”祭りを通じて草の根交流を広げよう!”

ということで、始まったのがきっかけのようです。

今年はガーナ国内10校の学校がよさこい踊りを披露しました。

ガーナのよさこい祭りには、

・『よさこい鳴子踊り』もしくは、『よさこいソーラン』のどちらかの曲を曲中に使用

というルールがあります。(本家と違って2曲から選べます。)

昨年うちの高校は『よさこい鳴子踊り』を使用したので、

今年は『よさこいソーラン』に挑戦することに!

みんなの手形をスタンプした、オリジナル旗も作ってみました。

“ソーランは、腰の低さでかっこよさが決まる!”

自身も学生時代にビシバシ指導して頂いたので、

次は私が生徒を特訓する番に!

今回が自分にとっては最後のガーナよさこい祭り、

ということもあって、毎日夜遅くまで生徒と一緒に練習。

物を拾う時も、何故か意地でも膝を曲げないガーナ人。

羨ましいことに、みんな足が長いこともあって、

腰がたっかーい!!!

練習中に何度注意しても、なかなか腰の高さは変わらず…

ただ、本番!

彼らは本気を見せてくれましたよ。

この腰の低さ!

いかがですか?!なかなかじゃないですか?

よさこいソーランの後は、彼らの大好きなガーナソングで!

いつ見ても、ガーナ人のリズム感はすごい。

とても真似できません。

狙っていた入賞は、惜しくも逃しましたが、

生徒がイキイキと楽しそうに踊っていて、

なんだかとても胸がいっぱいになりました。

日本の高校のように、部活動というものがない彼ら。

チームで協力して何かを行うということに慣れていない子も多く、

人と息を合わせる、話し合って形にするということが苦手

と、言う子も多いです。

(授業中のグループワーク然り…)

このよさこい祭りを通じて、

“チーム一丸となって、良いダンスを披露しよう!”

と、一人ひとりが一生懸命頑張って取り組んでいたことに、

一人感動していました。

今後もこの素敵なよさこい祭りが、

数多くの方々に見てもらえるといいなと思います!

ジャパンウィークのイベント、まだまだ続きます。