これがみんなのanother sky

RSS

福田 裕子
千葉県

タイプ/職種
日系社会青年ボランティア
日系日本語学校教師
派遣国
中南米
ブラジル 連邦区ブラズランディア市
一言メッセージ
地球の”反対側”、遠いとおいブラジルにある、日本人の知らない「日系人の世界」を一人でも多くの方に知ってもらいたいです。

 

盆踊り初体験!

2019.09.19

アルカージ

7月はこちらの「冬休み」で、日本語学校も2週間お休みでした。

“冬”といっても、ブラジリアは朝晩少し冷え込むくらいで、日中は強~い日差しに半袖で十分の気候です。

今日は、お休み明け最初の土曜日(登校日)8月3日に行われた

【盆踊り(BONODORI)】の様子をお伝えします。

ブラジル日系社会では、各地で恒例行事になっている【盆踊り】

これまで何度も、「どこどこでBONODORIがあったよ~」という話は耳に入っていましたが、たまたまご縁がなく、BONODORI未経験でした。というか、私は日本でも盆踊りというものが身近にある環境にはなく、実際には、今回が(おそらく)人生で盆踊り初体験でした。

写真①:日本人会の人は、朝から集まって準備。いつも台所は女性のみ。外の設置作業などは男性が担当しています。こういう光景も今では慣れました。

開始時間は、19:00

盆踊りに限らず、ブラジルの夜はとっっても長い。(有名歌手の野外コンサートでも深夜0:00~はじまるなんてザラです。)

ですから、出だしのそんな早い時間にはお客さんはほとんどおらず...

手始めに婦人会が踊ります。私も法被を着て一緒に踊りました。最初は小っ恥ずかしいものですが、輪になって踊り出してしまえば、手をつないで笑顔になって、なんだか楽しい...!

写真②:夜も深まってくると、ぞくぞく集まってくるお客さん。たくさんの人が、家にある浴衣や法被を着て楽しく踊っていたのには驚きました。

私はというと、しょっぱな婦人会の皆さんと数曲踊ってからは、

「さあ、お仕事、お仕事!」と、それぞれ台所などの持ち場にもどり、いつも通り、働くのでした。

イベントの度に、売り場から見ているこの景色が、一番馴染んでいる気がします。そして片付けをして帰宅する頃には、いつも日をまたぐのです。