これがみんなのanother sky

RSS

福田 裕子
千葉県

タイプ/職種
日系社会青年ボランティア
日系日本語学校教師
派遣国
中南米
ブラジル 連邦区ブラズランディア市
一言メッセージ
地球の”反対側”、遠いとおいブラジルにある、日本人の知らない「日系人の世界」を一人でも多くの方に知ってもらいたいです。

 

小さい頃の思い出

2019.09.02

アルカージ

さて、私たち日本語学校が、日本人会主催のイベント時などにブースを出して手作りの小物などを売っていることは以前、書きました。今日はその制作&準備の様子を少しご紹介。

小さな貝殻は、丸カンをつけキーホルダーにするため、

大量の巻き簾は、手巻き寿司を作るためではなく(笑)

「すだれ風の壁掛け」に変身させるために、紐通し用の穴をドリルであけてます。(私の書道の作品を壁飾りにして売るということで、今回からの新商品です!)

ウィ~ン、ウィ~ンと地道な作業を黙々と続けてくれる男性陣...

子どもたちもしっかり(?)お手伝い。これも私たちが目指している姿の一つです。

写真の彼女は、商品のキーホルダーを種類ごとに在庫がいくつあるか書いて、まとめています。

私「ちょっと、見せて見せて!」

『懐かしいぃぃ~』(←声に出していない気持ち)

昔、家のいらなくなった小物を知人に譲る時、小学生だった私の妹が同じように、これは○○、これは○○とちょこちょこ小袋に書いたりして、一生懸命に分類してたのを思い出しました。

やっぱり女の子はこういうことが好きなんでしょうか...?ちょっとお店屋さんみたいで楽しいですよね。

そして子どもには、自分が"手伝えている"と感じられることが、とても大事なんだと思います。

いつか彼女たちも、「子どもの時、こんなこと日本語学校でしたなぁ~」と懐かしく、楽しかった記憶として思い出してくれるのでしょうか。