人類みなアミーゴダイアリー in BRASIL(廣瀬隊員は帰国しました)

RSS

廣瀬 拓哉
大阪府

タイプ/職種
日系社会青年ボランティア
野球
派遣国
中南米
ブラジル サンパウロ州 インダイアツーバ市
一言メッセージ
人が温かい大阪から,これまた人情に厚いブラジルへ! 『将来に活きるTEAMをつくる』をモットーに,野球の指導を通し,国と国・人と人が繋がる活動を目指します。

 

日本に帰国しました! さわやかNo,73

2019.09.02

人 文化 活動 生活

【みなさんお元気ですかー!?】
2年間の任期を終え,日本へ帰国しました!
ブラジルから戻って2ヶ月弱。『日本』という国に驚いてばかりの毎日です。

ブラジルに行くまでは気づかなかった日本の良さに気づけるし,何より生活に困らないほど,モノが溢れてるし,ご飯が美味しい!!
改めてすごい国に生まれたんだなと感じます

でも一方で,あの人のパッション溢れるブラジルの生活も恋しい。まだ2ヶ月前という感覚にもなれず,ページの上の「廣瀬隊員は帰国しました」という言葉を見ると,何か寂しく感じてしまいます!
日本にはないブラジル特有のライフスタイルだったり,人と人の距離感に触れたいな〜と思うこともしょっちゅう。

そんなことを感じられるのも,ブラジルでの2年間を経験させてもらったからこそ。
2つの文化を知ることができたからこそですよね!

ブラジルで学んだ,ゆっくりじっくり生きる生き方のおかげで,間違いなく人生の幸福度は増しました。
待ち合わせの相手が「ごめん!待った?遅くなってごめんな!」と言うのに対して,『いやいや落ち着いて。な〜んも気にせぇへんから』と言えるようになったり,急な予定変更にも「あ,そうなん。おっけー!』とこんな気持ちになれるようになったのも,全てブラジル生活のおかげ。ゆる〜く物事をみられるようになったのは,人生を生きていく1つの強みになったと思います。

そんな考え方や心の持ち方を少しでも多くの人に共有して,出会う人の選択肢を広げられるような存在になれればなと思います。

だから,今後自分の役目は,実際に自分の目で見て,体で感じた経験を伝えていくこと。
このブログでもこれまで70少しの記事を書いて,ブラジルでの生活や活動について発信してきましたが,今後も発信を止めることなく続けていこうと思っています。

帰国はしましたが,幸いこのプラットホームを帰国から半年は,自由に書かせていただけるということなので,まだまだ書き切れていないブラジルの生活や日本に帰ってみての想い等を綴っていけたらと思います。

3月末の日本遠征を終えて,ブラジルでの最後の3ヶ月はダッシュで駆け抜けていましたし,日本に帰ってからの この2ヶ月も帰国の報告や挨拶等々で,なんやかんやで色んなところを飛び回り,忙しくしていました。

その波も一旦この辺りで落ち着きそうなので,ここからはじっくり腰を据えて,将来の自分を見つめていくと同時に,まだまだ書くことができていない,ブラジルでのお話も振り返っていこうと思います。

引き続き,よろしくお願いします!!