人類みなアミーゴダイアリー in BRASIL(廣瀬隊員は帰国しました)

RSS

廣瀬 拓哉
大阪府

タイプ/職種
日系社会青年ボランティア
野球
派遣国
中南米
ブラジル サンパウロ州 インダイアツーバ市
一言メッセージ
人が温かい大阪から,これまた人情に厚いブラジルへ! 『将来に活きるTEAMをつくる』をモットーに,野球の指導を通し,国と国・人と人が繋がる活動を目指します。

 

いろいろ見える!逆カルチャーショック!!① さわやか No,74

2019.09.03

まだまだ知らないブラジルのこと 人 文化 生活

ブラジルから帰って2ヶ月が経ちました。
バタバタと動いた2ヶ月だったので,ものすごく濃く長く感じたのですが,実際はまだ2ヶ月しか経ってないんやな〜と,時間の経過の時差ボケ中です。

今回は,2年ぶりの日本の生活で感じた『日本の逆カルチャーショック』をメモしておきたいと思います。

【日本で受けた“逆カルチャーショック”】
いやいや。日本で生まれ育って,2年間だけブラジルに行ってたからって,“何が変わるん?”“そんな価値観って変わるもんなん?”って思うと思いますが,それが怖いぐらい色々と見えるんですよ。
カルチャーショックというと,少し響きが重く感じてしまうので,『気づき・発見』ということで理解してもらえたらなと思います。
読み進めていただく上でのご理解:今回ここに書くものは,日本とブラジルを豊かさ・発展具合等で比較しているのではありません。文化の違いやその国のもつ人柄,お国柄で気付いた面白いな〜と思ったことを書いているので,斜めからの視点は一切ゼロ!真正面からドーン!と見て楽しんでもらえたらと思います!)

①エスカレーターレディーの対応に感動
これは,帰国直後の成田空港でのお話。
成田空港はものすごい広さ。
30時間のフライトを終え,ようやく流れてきた自分の荷物たちをピックアップし,翌日からの研修に必要なものだけをスーツケースから取り出し,研修に必要のないものは自宅へ郵送。
そんな作業をやり終えて,ふ〜っと落ち着きたいところですが,自分たちもずっと空港にいられるわけでもなく,東京へ移動しなければなりません。

大阪人の私は,成田空港を使う機会はこれまでの人生でほとんどありませんでした。
なので,電車の駅にたどり着くまでキョロキョロキョロキョロ。ようやく,駅までの順路が書かれた看板を発見し,地下のエスカレーターへ直進。
すると,そこにいるのは,エレベーターガールならぬ,エスカレーターガール。最後の3mぐらいの所から,優しい笑顔を保ちながら,「新宿へ行かれる方は,右手側のJRの切符売り場で購入ください」と言い,わざわざエスカレーターを降りる私たちに深いお辞儀をしてくださいました。

もうこの丁寧さはなんや!?と。

『まじか!こんな役割があるのか日本社会。』と思わず言ってしまいました。

これはあくまでも,“ブラジルにはこんなサービスがなかった。あかんな〜ブラジルは。”とか,“日本はこんな素晴らしいサービスがあるんや!さすがやな日本!”ということを言いたいのではなく,この親切さにめちゃくちゃ感動した,自分の幸福度が増したんやなという気付きのお話です。

②電車内での人々の様子
これもなかなかの衝撃だったのですが,“電車での人の様子”がブラジルとは違い,日本はと〜っても静か。
みなさん,順番よく列に並び電車を待ち,電車が来るとゆっくりと乗車をしていく。乗車後はスッと席に座り,携帯を取り出しその後は静かを保ちます。

これがブラジルだったら,乗る前から「今日も仕事お疲れさまー!」というような感じで,「この人の量すごくない?あと何本待たなあかんのやろね!あ!来た。さぁ詰めろー!わーい!」と横の人と話しながら乗車をする感じ。乗車後も降りるまで,ずーっと会話が続きます。それが知り合いか知り合いじゃないかはもはや問題ではありません。
「じゃあねー!」という,お別れの後に『あの方は同僚ですか?それともお友だち?』と尋ねると,「いや,さっきのホームで待ってた時に話しただけ。全然知らん人やでー」と。
『いや!知り合いちゃうんかーい!』と,ツッコまずにいられない!しかし,そんなこともよくある話なんですね〜。(実際,ブラジル生活でこの状況に遭遇しました。例のお二人がお友だちのような感じで電車で話している後ろに立っていたんですが,「お兄さん日本人?」と質問されたことから,グループになってそこに混ざらせてもらって,会話を楽しみ,一人が降りられ「知り合いじゃない」ということを知り,めちゃくちゃ衝撃を受けたというなんとも愉快な電車の中でのお話でした)

そんな2つのお国柄。電車に乗るという,生活の一部でもこんなに違いがあるって面白いですよね!

まだまだ“廣瀬なりの逆カルチャーショック”はたくさんあります!
少しずつ書いていきますね!

☆今回の2枚の写真は,日本とブラジルの駅内の様子!待ってる様子とかではなく,雰囲気が伝わればな〜と思います!