Malo!~常夏の楽園サモア日記~ (池下隊員は帰国しました。)

RSS

池下 昌弘
奈良県

タイプ/職種
青年海外協力隊
小学校教育
派遣国
大洋州
サモア イバ
一言メッセージ
南太平洋に浮かぶ小さな常夏の島サモアの小学校で活動しています。学校での活動に様子だけでなく、サモアの文化や人々の様子等をこのブログを通じて伝えていきたいと思います。

 

Happy Father's Day

2015.08.13

文化 活動

8月10日はサモアのFather's Day(父の日)でした。5月のMother's Day8(母の日)、10月のWhite Sunday(子どもの日)と共に、家族をとても大切に思うサモアの人々にとって大切な日です。当日は日曜日なので学校はないのですが、それに先駆けて学校で父の日のお祝いが行われました。私の配属先には自分を含めて3人の男性職員がいます。先週は休み時間以降の授業がなくなり、金曜日のお祝いに向けて各クラスで出し物の練習をしていました。色んな学年から歌声や「Happy Father's Day!!」という声が聞こえてきました。

そして先週の金曜日。残念ながら男性職員の一人である学校長は不在でしたが、各クラスの出し物の発表会が行われました。上の写真は1年生。仮装をして、聖書に出てくるお話を演じていました。途中緊張のあまり台詞が飛んでしまったり、役柄の自己紹介のはずが間違って自分の名前を言ってしまったり。大きな声で一生懸命に覚えた台詞を言う姿はとても可愛かったです。

その後も各クラスの発表が続きました。どのクラスも自分を含めた3人の男性職員の名前を言ってくれ、中には歌まで作ってくれたクラスもあり嬉しかったです。

最後は8年生。さすが最高学年。劇の声も大きく、演技も上手。歌や掛け声、ダンスもピッタリ合っていて最後は拍手喝采で終わりました。

子どもたちが帰ったあとみんなで記念撮影。お菓子で作られたulaという首飾りを女性の先生から頂きました。そしてお昼ご飯・・・しかし注文してからなかなかご飯が届かず、みんなで「お腹すいたね。」と言いながら1時間近く待っていました。

学校でのお祝いも無事に終わり、日曜日当日はみんな家族でお祝いです。教会に行って、家族みんなでお昼ご飯を食べて。改めてサモアの家族を思いやり大切にする文化を感じることができた週末でした。